韓国現代自動車の営業利益が69%暴落!? エンジン欠陥問題で大規模な損失が発生?韓国経済はもうパニック状態?

韓国現代自動車の営業利益が69%暴落!? エンジン欠陥問題で大規模な損失が発生?韓国経済はもうパニック状態?

韓国の現代自動車の、7月~9月の業績が発表されました!エンジンの欠陥問題で永久保証などを約束させられて、その損失分を盛り込んだので、営業利益が前期比で69.4%も暴落してしまったそうです!4月~6月は営業利益が1144億円もあったのに、7月~9月はたったの351億円になってしまいました・・・。韓国の自動車産業は、どうなってしまうんでしょうか?

現代車、7-9月期の営業利益が前期比69.4%減
10/24(木) 15:24配信 中央日報日本語版

「シータ2エンジン」欠陥問題で現代自動車の7-9月期の営業利益が前期比で70%減少した。

現代車は24日、連結財務諸表基準で7-9月期の営業利益を3785億ウォン(約351億円、暫定値)と公示した。売上高は10.4%増の26兆9689億ウォン、純利益は50.5%増の4605億ウォンで、自動車部門の収益性は好調を維持した。しかしシータ2GDiエンジン永久保証と顧客満足プログラム施行で約6000億ウォンの大規模な費用が発生した。

営業利益はシータ2GDiエンジン関連の品質費用が約6000億ウォン反映されたことで4-6月の1兆2380億ウォンより69.4%減少し、営業利益率は1.4%にとどまった。ただ、営業利益は前年同期比では31.0%増加した。

今年1-9月累計基準の業績は▼販売322万9669台▼売上高77兆9223億ウォン▼営業利益2兆4411億ウォン。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191024-00000043-cnippou-kr

 

エンジンの欠陥がショックだった?
69%減という数字が目を引いたがよく見ると“前期比”なんだよなこれ。前年同期比では31.0%増加と書いてある。なぜか中央日報は前期比の悪い数字の方を強調したことになるね。愛国日報の看板は捨てたのか?

それだけ、エンジンの欠陥がショックだったんだと思います!せっかく4月~6月は好調だったのに、欠陥のせいで500億円以上の損失が発生して、業績が一気に落ち込んでしまったんです・・・。

この前取り上げたあの話がもう決算に盛り込まれたのかな?だとすれば悪材料が一旦は解消されたことにはなるが、ヒュンダイ車そのものへの信頼性も大きく損なわれたしここが曲がり角になる可能性もあるね。

そうだと思います!永年保証をさせられてしまったんです・・・。欠陥車だと認めた事になりますよね?

逆にその永年保証狙いで買い進めるような層も増えそうだね。何か故障したら全部無償で直してくれるんだろ?例えばちょっと壁にこすって傷がついてもエンジンの不良のせいで急発進した!そのせいだ!と言い張ればいいとか。

それはムチャだと思います(笑)

車の修理って、面倒ですよね?何日も預けないといけないから、レンタカーを用意したりしないと大変だそうです!

いやまあ米国なら2台3台持ちは当たり前じゃないの?公共交通機関は存在しないに等しいだろうし事実上車が足となるはずだ。いつ壊れてもいいセカンドカーとして安かろう悪かろうのヒュンダイを選ぶ層がどれくらいいるかははっきりしないが。

現代自動車は、今回の件で印象を悪くしたので、自動車関税の対象になると思います!11月にも決まるって言われてるんです!

なるほどその話があったか…。あれって11月が何らかの期限なんだっけ?

5月17日に、最長180日まで発動を延期すると発表してます!その期限が、11月13日に切れるんです!

なるほどね。また新たな期限が追加されてしまったわけだ。予定表に追加しておこう。

韓国からアメリカ軍を撤収させても、北朝鮮との停戦に追い込める?
これが最新版の予定表だ。8月以前を入れると長すぎるから一旦省略した。

【2019年後半の中国と韓国の危機まとめ】
・9月1日:米国が対中国関税1,120億ドル分を発動する(15%)
・9月1日:香港国際空港への交通網をパンクさせるデモが行なわれる
・9月6日:日本製鉄に対する韓国資産売却命令の猶予期限が切れる
・9月8日:米国でヒュンダイ自動車の運搬船が転覆する
・9月9日:北朝鮮が建国記念日を迎える
・9月9日:韓国GMが史上初の全体ストライキを実施する
・9月9日:韓国文在寅がチョグクの法相指名を強行する
・9月10日:北朝鮮がミサイルを2発発射する
・9月10日:韓国GMの研究開発法人も全体ストライキを実施する
・9月11日:WTOで韓国が反ダンピング関税は不当とされ日本に事実上敗訴する
・9月11日:香港で一帯一路サミットが開催される
・9月14日:サウジアラビアの石油施設が攻撃される
・9月18日:韓国が日本のホワイト国除外を施行する
・9月18日:米国のFOMCで0.25%の利下げが発表される
・9月20日:中国の代表団が米国の農場視察を中止し帰国する
・9月20日:韓国の景気後退が24カ月続いていると国家統計委員会が発表する
・9月23日:米国トランプと韓国文在寅が米国で首脳会談を実施する
・9月23日:トランプが文在寅に非公式会談で防衛費大幅増額を要求する
・9月25日:日米首脳会談でトランプが文在寅の愚痴を安倍首相にこぼす
・9月26日:韓国のハンファケミカルがサムライ債発行を断念する(日本に断られる)
・9月27日:竹島に戦闘機を飛ばせると記述した令和初の防衛白書を閣議決定する
・9月28日:韓国の活動家3名が羽田空港で入国拒否される
・10月1日:中国が建国記念日を迎える
・10月1日:韓国が国軍の日で対日敵対姿勢を露わにする
・10月2日:北朝鮮が潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を発射する
・10月3日:韓国でパククネ弾劾時と同規模の反文在寅デモが行なわれる
・10月5日:香港で覆面禁止法が導入される
・10月5日:米朝実務者協議がストックホルムで決裂する
・10月7日:日米首脳が貿易協定に署名する
・10月7日:トランプが安倍首相に”今日39歳になった”と冗談を言う
・10月7日:米商務省がハイクビジョンなど中国企業8社を禁輸リストに追加する
・10月7日:米軍がシリア北部からの撤収を開始する
・10月8日:米国務省が中国の当局者のビザ発給を制限する
・10月8日:韓国文在寅の支持率が32.4%を記録する
・10月9日:韓国で再び反文在寅の大規模デモが行なわれる
・10月9日:日本人教授の吉野彰氏がノーベル化学賞を受賞する
・10月10日:韓国WTO敗訴から30日が経過し日本の対抗措置発動が可能になる
・10月10日:米中閣僚級の通商協議がワシントンで開催される
・10月11日:米中通商協議で最終合意の第一歩になる部分的合意がなされる
・10月14日:韓国チョグクが法相を自ら辞める
・10月14日:海上自衛隊主催の観艦式が台風19号の影響で中止になる
・10月15日:韓国が北朝鮮で無観客無中継のW杯予選試合をやらされる
・10月15日:米下院が香港人権法案を可決する
・10月16日:サムスンスマホのS10で深刻な欠陥が発覚する
・10月18日:韓国文在寅の支持率が大手世論調査機関でも40%を割る
・10月18日:駐韓米国大使公邸に大学生が侵入しデモを実施する
・10月22日:即位式に韓国文在寅が来ない
・10月23日:北朝鮮が金剛山で韓国の建てたホテルを撤去しろと命じる
・10月23日:韓国がWTOでの途上国の地位を放棄する期限を迎える
・10月24日:安倍首相と韓国首相の会談が物別れに終わる
★10月25日
・10月31日:英国首相が合意なきEU離脱を実行する
・11月XX日:日本製鉄の資産強制売却が実行される
・11月13日:韓国車に対する米国の関税発動期限180日が切れる
・11月17日:チリAPECでトランプと習近平が首脳会談を実施する
・11月18日:米国の対中国ファーウェイ禁輸措置の猶予期限が切れる
・11月22日:日本と韓国のGSOMIAが破棄される
・11月30日:韓国のハンファケミカルのサムライ債200億円分が満期を迎える
・12月15日:米国が対中国関税1,600億ドル分を発動する(15%)
・12月31日:韓国の輸出入銀行のサムライ債750億円分が満期を迎える
★2019年10月25日現在

トルコネタは制裁が解除されたから除外した。その代わり米軍がシリアから撤収を開始したという話に置き換えている。

これで、トランプ大統領の理想通りになりましたよね・・・。韓国からアメリカ軍を撤収させても、北朝鮮と交渉すれば攻め込まれないという前例ができたと思います!

それな。トルコに制裁を科したら途端に弱気になって停戦することで合意したからな。北朝鮮が韓国に攻め込むのも同様に食い止められるとトランプは判断するはずだ。まさに思い通りってわけ。

でも、実際には北朝鮮は停戦しないですよね?トルコとは違うと思います!

すでに北朝鮮はトルコレベルの制裁を食らってるからな。停戦をする理由にはなり得ないよ。トランプはその違いは認識しようともせず撤収の命令を出すかもしれないがな。エスパー国防長官もどうやらマティス元国防長官と異なり米軍撤収には反対しない派らしい。

それは思いました!最近報道でもよく見かけるんですけど、マティスさんとは全然違うと思います。アメリカ軍の撤収をする事には、抵抗はないみたいです!

というわけで11月は韓国が危機に陥りかねないネタが複数入ってきたことになるね。日本製鉄の資産売却命令にファーウェイ制裁猶予期限、自動車関税発動期限にGSOMIA破棄とイベントが盛りだくさんだ。10月の静けさが逆に11月の波乱を予期していたのかもね。

これだけ集中すると、他にも何かある気がします!

英国のEU離脱は後で取り上げることになると思う。それ以外の面ではやはり中旬の米中首脳会談が1つの山場になる感じだね。それにより韓国の株価やウォンも翻弄されていくことになるだろう。

結論:現代自動車は自動車関税でとどめを刺される?
ネットユーザーは、もう韓国企業の製品は信頼されないのではと言ってます!ヨーロッパでは高評価だと自画自賛していたはずだし、転覆した船の損失も計上してないのではと言われてます!裁判で負けた800億円も入ってないみたいですけど、これってどうなんですか?

シータ2エンジンの和解ってよく読んだら10月に入ってからの話なんだよな。7-9月期の決算にこの件で生じた損失を盛り込めるんだろうか?それとも、すでに何らかの保証計画が9月中に立案されてたんだろうか?

10月11日に「明らかにした」と書いてあるので、実際にはもっと前から保証してたんだと思います!都合悪いので、隠してた気がします・・・。

それが妥当な判断だね。あと船が転覆したのは9月8日だから損失として算入されていなければおかしい。まあ現代自動車はいずれにせよ自動車関税で詰むと思うよ。これが今回の結論だ。何しろ韓国が米国の武器を大量に買ってるから防衛費は見逃せと図々しく要求したら韓国車をどれだけ買ってやってるんだと言い返されたからな。まさに藪蛇だ。

防衛費の話、最近あまり聞かないです。どうなってるんでしょうか?

その辺りを後でもう一度調べよう。韓国市場は11月にもパニック相場に陥るかもしれないが、引き金を引くのはあくまでも韓国だ。これ以上日本のせいにするのはやめることだな!

韓国の皆さん、日本は令和時代で復活します!韓国とはもう関係がなくなるし、助けることもありません!さようなら!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*