クルーズ船に2000台のアイフォーン ソフトバンクとLINE





クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の甲板には、歩くなど運動する乗客の姿が見られた=14日午前、横浜市鶴見区(鴨川一也撮影)

 肺炎を引き起こす新型コロナウイルスへの対応として、ソフトバンクと無料通信アプリのLINEは14日、集団感染が発生し、横浜港に停留しているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客向けに2000台のiPhone(アイフォーン)を提供したことを明らかにした。

 厚生労働省の要請を受けて実施した。提供されたアイフォーンには、LINEのアプリがあらかじめインストールされており、厚労省の対応窓口と24時間態勢で体調の相談や薬の要望などができる。医師への相談予約などにも対応する。

 LINEはヤフー親会社のZホールディングスとの統合に合意しており、ソフトバンクの傘下に入ることになっている。

 ソフトバンクのほか、NTTドコモやKDDI(au)も総務省などの要請を受けて、通信端末などを提供。3社はクルーズ船の周辺に移動基地局車を配備し、乗船客の通信環境の確保に当たっている。



Source link

Read Previous

東証続落、感染拡大に懸念 週末控え手じまい売り

Read Next

五輪・パラ「日本にとってよいこと」85・5%

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *