感染終息後に高速道路無料化へ 政府検討、観光業を支援





東京都内の首都高速道路。東京五輪・パラリンピックでの選手らの輸送ルートであることを示す看板が設置されている=2月7日午前

 政府が新型コロナウイルス感染拡大終息後の経済対策の一環として、高速道路無料化を検討していることが25日、分かった。都市部と地方を結ぶ高速道路を無料化し、感染拡大や東京五輪・パラリンピックの延期決定などで深刻な打撃を受けている地方の観光業を支援する。政府は高速道路各社への財政措置も検討しており、関係者によると、東日本高速道路(NEXCO東日本)など各社は政府の要請を受け入れる意向だ。

 政府はすでに各社への打診を始めている。無料化の期間などの詳細については今後詰める。財政措置の枠組み次第では、首都高速道路でも無料化が実現する可能性がある。

 新型コロナの世界的な感染拡大で、2月の訪日客は前年同月比で約6割減少。なかでも感染拡大の中心となった中国からの訪日客は約9割も減った。関西や九州など中国人観光客が多かった地方を中心に観光業界は大打撃を受けている。

 また東京五輪の延期や25日に東京都が要請した今週末の不要不急の外出自粛などにより、観光業への影響はさらに深刻化する見通し。政府は高速道路無料化を感染拡大終息後の経済対策として打ち出す考えだ。



Source link

0 Reviews

Write a Review

Read Previous

駐日イラン大使、「日本の医療支援」に感謝 新型コロナ

Read Next

飲食店運営会社から1500万円横領疑い 元部長を逮捕 埼玉

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *