露首相が新型コロナに感染 第1副首相が代行





ロシアのミシュスチン首相(ロイター)

 【モスクワ=小野田雄一】ロシアのミシュスチン首相は4月30日、「新型コロナウイルスのテストを受け、陽性反応が出た」とプーチン大統領にビデオ通話で報告した。イタル・タス通信が伝えた。

 ミシュスチン氏は当面、人との接触を断つと表明。一時的にベロウソフ第1副首相を首相代行とすることをプーチン氏に提案した。

 プーチン氏は提案に同意した上で、「早期の全快を祈っている」と伝えた。

 ロシアでは現在、毎日数千人単位で感染者が拡大しており、4月30日には感染者数が10万人を突破。死者も1千人を超えている。各地で外出制限が実施されているが、感染ペースは加速しており、目立った効果が出ていない。



Source link

Read Previous

元フジテレビの笠井アナが退院

Read Next

山形県議会、令和2年度補正可決 知事ら期末手当不支給に

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *