演劇、ライブハウス関係者ら国に要望書 渡辺えりさん「枯れてしまう」





女優の渡辺えりさん(右から3人目)ら演劇、ライブハウス、ミニシアター関係者が政府に公的支援を求める要望書を提出した=5月22日、東京都千代田区(石井健撮影)

 新型コロナウイルスの感染拡大で休業を余儀なくされ、存続が困難になっている演劇団体、音楽のライブハウス、ミニシアター(小規模映画館)の関係者らが22日、東京・永田町で、文化庁、経産省、厚労省の担当者らに「文化芸術復興基金」の創設など国の公的支援を求める文書を手渡した。

 山形県出身の女優、渡辺えりさんは日本劇作家協会会長として書面を手渡し、「演劇はサクランボと同じ。実がなるまで時間がかかる。今、その根っこが枯れて、腐ってしまうのではないかという状況にある。おいしいサクランボを収穫して、みんなで食べられるようにしたい」と窮状を訴えた。



Source link

READ  【米大統領選】民主討論会の視聴者、「ブルームバーグ効果」で最大

Read Previous

品薄の消毒液、転売禁止へ 経済活動再開で需要増

Read Next

知人殴りけが負わせた疑い 相模原市の高1男子を逮捕

guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x