リニア「品川-甲府先行開業を」 静岡知事がJR社長に提案





報道関係者向け試乗会で時速501キロを表示するリニア中央新幹線の実験用車両「L0系」車内のモニター=昨年10月、山梨県の上野原市-笛吹市間(渡辺浩撮影)

 リニア中央新幹線をめぐって、静岡県の川勝平太知事は26日のJR東海の金子慎社長との会談で、東京・品川-甲府(甲府市南部のリニア駅)間の先行開業を働き掛けた。

 川勝氏は「東京からリニアで20分で甲府に。富士山や南アルプス、八ケ岳…。トンネルを抜けると雪国ではなく桃源郷だ。リニアと真逆の遅さの身延線の特急に乗ると春夏秋冬美しい。静岡から東海道新幹線で帰れば『富士山一周の観光』だ」と語った。

 品川-甲府の先行開業は川勝氏の持論で、これまでも全国知事会や関東地方知事会で発言したことがある。

 川勝氏は平成26年に山梨県が記録的大雪で孤立したことに触れ、「あのときにリニアができていれば逃げられた、助けに行けた。リニアの危機管理能力は十分承知している」と語り、建設自体に反対しているわけではないと強調した。

 これに対し金子氏は「リニアの妙味は東京から大阪まで直結すること」と述べ、先行開業に否定的だった。



Source link

Read Previous

住宅火災で2人死亡 静岡、高齢夫婦か

Read Next

歌舞伎座が「八月公演」再開 5カ月ぶり

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *