バンクシーと知らずに消去 英地下鉄内の新作





新型コロナウイルスをテーマに、ロンドンの地下鉄車両内にスプレーで「落書き」されたバンクシーの新作(英PA通信=共同)

 素性不明の芸術家バンクシーがロンドン地下鉄の車両内に描いた新作を、清掃員らがバンクシー作と「知らずに」消去していたと英メディアが15日伝えた。ロンドン交通局は落書きを禁じており、バンクシーも消されることを承知で描いた可能性がありそうだ。

 ネズミやマスクなどを描いた新作は、新型コロナウイルス感染による苦境からの再起を鼓舞したり、マスクの着用率が低い英国民に使用を促したりする狙いがあったとみられる。 

 バンクシーは14日に新作を巡る一連の作業を写真共有アプリ「インスタグラム」に投稿していた。交通局側は、新型コロナの感染抑止のため車内清掃に力を入れており、事情を知らず「その他の落書きと同じように」扱ったと説明。動画投稿の数日前に消していたという。(共同)



Source link

本日の注目ニュース

Read Previous

コロナ詐欺被害7千万円 警察庁長官「対策進める」

Read Next

東証反落、利益確定売り

guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x