確定申告、押印廃止を検討 加藤官房長官


 加藤勝信官房長官は19日の記者会見で、確定申告などの税務手続きについて、押印廃止を検討する考えを明らかにした。

 「納税者の利便性向上の観点に鑑み、財務省で見直しの検討が行われている」と語った。

 国税通則法には、各種の税務書類に押印を求める規定がある。これに関し、加藤氏は「政府全体として不要な押印は廃止するという方向で検討を進めている」と指摘。その上で「具体的には来年度税制改正のプロセスで検討が進められる」との見通しを示した。 



Source link

Read Previous

WSJ「SKハイニックス、インテルのメモリー部門買収推進…100億ドル規模」

Read Next

日本学術会議会長が菅総理と会った本当の理由は

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *