警察官計15人が自宅待機に…県警本部と警察署勤務の警察官2人が新型コロナに感染 愛知の新規感染者144人

By | November 23, 2020


 名古屋市の未就学の女の子は、これまでに職員や利用者など38人が感染し、クラスター認定されている高齢者施設の職員の家族だということです。

 このほかにも、愛知県警本部の警務課に勤務する40代の女性警察官や、蒲郡署に勤務する50代の男性警察官にも感染が確認されました。

 これを受けて、本部の警務課の警察官9人と蒲郡署の警察官6人が自宅待機をしていますが、いずれも業務に支障はないということです。

 また、愛知県はすでに感染が確認されていた高齢者1人が21日に死亡したと発表しました。これで県内の死亡者は106人となりました。



Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *