【速報】アリゾナでバイデン不正の捜査開始か!

ドミニオン絡みで新展開だ。アリゾナのマリコパ郡で上院議長らがドミニオンに対する監査をするように求めているという。事実上上院議長が捜査を命じる流れと言えそうだ。これが最初の“ドミノ”になるかもしれないと期待する声もある。選挙人投票の12月14日まで残り時間が少なくなってきている。

アリゾナで捜査が始まらなければ告訴の対象か

この話は、ネット掲示板で噂している人がいたので、見つけました!

アリゾナがついに動き始めるか?と期待できる動きと言えるね。現段階では上院議長がドミニオン不正に対する監査をすべきだと呼びかけただけだが、これでもしアリゾナ捜査当局が動かないようであれば告訴の対象になるだろう。

元の英語のツイートの返信を見てるんですけど、まとめてもいいですか?

よろしく頼む。

まとめました!
・もしエラーがなくても、結果は受け入れられませんか?
・誰が監査をやるんですか?
・アリゾナが最初のドミノになる事を期待しています
・ドミニオン自身によって監査されない事を願ってます
・いい話に聞こえます
・FBIや司法省は動きません
・アリゾナはベスト州です

ちょっと疲れてないか?英語圏はすっかり意気消沈状態だね。俺はアリゾナにまだこうした声が残っているという点を評価したい。日本語の方の返信はどうだ?
12月14日のデッドラインは意識せざるを得ない

やっぱり、似たような雰囲気でした!
・また一歩前進です。日本の選挙にドミニオンを入れさせないようにしないといけません
・ちゃんと中立の捜査が行なわれるんですか?脅されないか心配です
・プログラムのリバースエンジニアリングを行なうと、すぐに分かると思います
・やっと動き出した感じですね
・見守るしかできませんが、応援しています
・運命の12月14日の投票日まで、残り少ないですけど、証拠が増えれば平和的に解決する可能性が出てきました
・今の選挙人決定日を伸ばしてでも、徹底的に捜査するべきです
・アリゾナは選挙結果認証済みです
⇒ 裁判に関係する話は、認証とは別です
・12月14日まで時間がありません

それだ。期限まであと実質1週間程度となってきたから、そこを過ぎればこのバイデン不正追及の動きがもはや意味をなさなくなる。それで元気をなくしつつあると。

パウエル弁護士は、このまま引き下がらないと思うんですけど、何か動きがないと厳しいですよね・・・。

厳密に言えば確か12月8日が期限だったはずだ。つまり今週末が峠ってこと。それ以降どうなるかを計算に入れながら動き始める必要があるかもね。少し情報の探し方を変えようか。

分かりました!でも、最後まで諦めない事も大事だと思います!

トランプ大統領、諦めたらそこで選挙終了です!頑張って下さい!バイデンさん、油断してはいけません!さようなら!

Read Previous

スペイン、国民の半数以上が直ちにワクチン接種望まず=調査

Read Next

切断されたトラの頭部、タイの「偽装動物園」で押収 密輸に関与か

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *