【速報】トランプ、新党立ち上げ表明へ

By | January 20, 2021

目玉アイコンが特徴的なアメミタ氏によれば、トランプが愛国党なる新党を立ち上げることについて話したという。WSJの記者が入手した情報だそうだ。事実ならばトランプの長い戦いはこれから始まることになる。退任後も目が離せない。これからの4年が楽しみだ。

 

President Trump has talked in recent days with associates about forming a new political party, according to people familiar with the matter, an effort to exert continued influence after he leaves the White House.

Mr. Trump discussed the matter with several aides and other people close to him last week, the people said. The president said he would want to call the new party the “Patriot Party,” the people said.

 

トランプの公民権停止は実現しない見込み

黒井さん!バイデンさんは、トランプ大統領の弾劾には後ろ向きだそうです・・・。これって、ホントですか?

うむ。どこ情報?

大手ネットサイトで、偶然見つけました!

トランプ追い詰めに消極的? 民主党内からもバイデン批判〈週刊朝日〉
1/20(水) 8:02配信 AERA dot.

ついにトランプ米大統領の粘り腰も終わりを迎えるのか。1月6日にトランプ支持者たちが連邦議会議事堂を襲撃し、5人の死者が出た事件で、トランプ氏が反乱を扇動したとして13日、下院で弾劾(だんがい)訴追する決議案が可決された。

今後、上院での弾劾裁判で、議員の3分の2以上が賛成すれば有罪となる。下院では10人の共和党議員が賛成に加わったが、上院では17人以上が条件だ。裁判の見通しについて、ジャーナリストの中岡望氏は言う。

「共和党内の一部の穏健派やリベラル派は反旗を翻していますが、依然として共和党はトランプの党で影響力は衰えていません。今の情勢では17人が離反して賛成に転じるとは考えにくいです」

トランプ離れがある一方で、支持者の存在はいまだに大きいようだ。在米フリージャーナリストの新垣謙太郎氏はこう語る。

「トランプ支持者に話を聞くと、トランプ氏はもはや教祖であり、彼は決して悪くないという姿勢を崩しません。トランプ氏はこの5年間、民主党やメディアにずっとたたかれてきた。支持者の間にもその被害者意識は強い。今回の弾劾訴追でむしろ強固になっていると感じます」

一方のバイデン氏。弾劾には否定的な立場だという。

「時間や労力を割きますし、急を要するコロナ対策など次のステップに進みたいバイデン氏にとってトランプ問題は邪魔なだけです。共和党の支持も取りつけたいバイデン氏は、弾劾によって反発を受けることを避けたいと考えているようです。民主党内ではそうした考えに反対する者もいて、割れているのが現状です」(新垣氏)

バイデン氏は消極的でも、どこまでも食い下がるトランプ氏は民主党にとって厄介な存在。ペロシ下院議長を中心とする“トランプ弾劾派”は何としても裁判を成立させたいはずだと中岡氏は分析する。
・・・

Source

なるほど。現職ならではの苦悩と言えるね。コロナ対策を優先するか、それともトランプ弾劾に前向きになるか。今までの失敗はすべてトランプの責任にできたが、これからの失敗はすべてバイデンの責任になる。言い訳は許されない。

確かに・・・。じゃあ、対策をまとめたり予算を成立させるには、妥協するしかないんですね。

俺は少し勘違いをしていて、トランプが弾劾裁判で有罪にならずとも公民権停止のための議員投票を別途実施して過半数を得られればトランプは出馬できなくなると思い込んでいた。だがそうではなかった。弾劾裁判で有罪になることが条件だったようだ。

そうなんですか?じゃあ、トランプ大統領は弾劾されないし、出馬もできますね!これからも、応援できると思います。

ファミリービジネスをどうしていくかは見通せないけど、熱狂的なファンが多いから何とかなるようにも見える。ビッグテックもメインバンクも退任したトランプにはさほど躍起にはならないだろうから。フロリダに去れば検察の手が及ぶリスクも下がる。
「PはPRCのPではなく、PatriotのPだ!」

パトリオットパーティーって、カッコいいですね!パーラーのPです。

それだwww これからトランプはPを強調するようになるかもね。PはPRCのPではなく、PatriotのPだ!と演説でぶち上げれば賛同者は増えるだろう。南北戦争以来の政治的な地殻変動もありうるよ。

Pだと、中国になってしまうんですね・・・。Pを、アメリカの物にしたいです!

返信部分を、まとめました!
・トランプ大統領のゴールは、3月だったと思います
・私も入党したいです。それ位応援しています
・素敵な名前だと思います
・情報が錯綜してますね
・共和党の上部が、汚職にまみれています
・トランプ大統領の、これからも戦いは続くという言葉の意味が、新党を立ち上げるという事なら納得ができます
・ちょっと前に噂で出ていました。まだ話半分に思っておきますけど、ホントなら面白いです
・アメリカ共和国ではないんですか?

うむ。南部連合の誕生はそもそも民主党の分裂だと知っている人はいるのかな?その流れでいけば愛国党がアメリカ共和国の政党になってもおかしくはないが。

テキサス州の独立も、2024年までには間に合いますよね?でも、独立する必要はない気もしてきました。

独立するかどうかはともかく、テキサスは風力発電でも世界的に有名だからクリーンエネルギーを推進するには持ってこいだね。アメリカ合衆国として発展していけばいいと思うよ。トランプの愛国党が事実上のアメリカ共和国のような働きをすればいいと思う。

そうですよね!アメリカを分断させるのは、トランプ大統領も望んでないと思います。テキサス州が、アメリカの中心になればいいです!

トランプ大統領、最後まで諦めないで下さい!バイデンさん、油断してはいけません!さようなら!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *