サムスン電子、全社員に成果給支給…年俸の50%も

By | January 26, 2021


サムスン社屋
サムスン社屋

サムスン電子が29日にすべての役員社員に成果給を支給する。一部事業部では新型コロナウイルスの感染拡大の中でも期待以上の実績を上げ、個人年俸の50%を現金で支給することになった。年俸の50%は成果給の最大値だ。サムスン電子がこの日支給する成果給は総額3兆ウォン(約2820億円)前後になる見通しだ。

業界によると、サムスン電子は26日午後、昨年の年間業績を反映したデバイスソリューション(DS)、消費者家電(CE)、IT・モバイル(IM)など事業部門別に役員社員の超過利益成果給(OPI)を公示した。OPIはサムスン電子の成果給制度のひとつで、所属事業部の年間実績が年初に決められた目標を超えた時に超過利益分の20%を限度に割合を決めて支給する。

OPIの適用率はスマートフォン事業を担当するIM部門とプレミアムテレビ販売が好調を見せた映像ディスプレー(VD)事業部が最も高いという。両事業部に所属する役員社員は個人年俸の50%をインセンティブとして受け取る。このほか経営支援室が48%、グローバル技術センター(GTC)が48%、サムスンリサーチ(SR)が47%、DS部門が47%の順となる。このほか亀尾(クミ)支援部門が44%、CE部門が37%、ネットワーク事業部が32%、医療機器事業部が11%という。

成果給支給日は毎年1月31日だ。ただ今年は31日が日曜日のため29日に一括支給される予定だ。サムスン関係者は「支給総額は3兆ウォン前後で、事業部ごとに異なるが全営業利益の6~9%が成果給として支給される格好」と話した。

サムスン電子は昨年新型コロナウイルス状況にも卓越した業績を上げた。金融監督院によると、サムスン電子の昨年の売り上げは236兆2600億ウォンで、2019年の230兆4000億ウォンより2.5%増えた。特に営業利益は同じ期間29.5%急増した35兆9500億ウォンだった。

昨年の純利益はまだ集計中だ。金融投資業界では純利益もやはり2019年より大幅に増加した20兆ウォン後半台とみている。サムスン電子は世界の半導体業況が底を打った2019年に純利益21兆7389億ウォンを上げている。



Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *