エアフォースワンで北朝鮮に帰国を トランプ氏、金正恩氏に申し出

By | February 23, 2021


トランプ氏、金正恩氏に大統領専用機での帰国を申し出

(CNN) 2019年にベトナムの首都ハノイで北朝鮮の最高指導者、金正恩(キムジョンウン)氏と会談した米国のトランプ大統領(当時)が、米大統領専用機「エアフォースワン」を使って北朝鮮に帰国するよう金氏に申し出ていたことを、米政権の元高官が明らかにした。

この申し出に問題があるかどうか、トランプ氏が側近に尋ねることはなく、「ただ自分の友人のためにそうした」と元高官は話している。

このニュースは英BBCが最初に伝えた。トランプ政権で国家安全保障会議のアジア専門家だったマシュー・ポッティンジャー氏はBBCの番組の中で、「トランプ大統領は、エアフォースワンで金氏を送ると申し出た。大統領は、金氏が何日もかけて列車で中国を経由してハノイに到着したことを知っていて、『お望みなら2時間であなたを帰国させられる』と言った。金氏は断った」と語った。

ハノイの首脳会談は共同声明も発表されないまま、予定より早く終了した。

トランプ氏の申し出のニュースをきっかけに、北朝鮮の人権侵害を主導する独裁者の金氏とトランプ氏の親密な関係に対する批判が再燃する可能性もある。トランプ氏は金氏との首脳会談の中で人権侵害への言及を避け、北朝鮮が核兵器の廃棄に合意した場合の金融投資に重点を置いていた。



Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *