韓国経済研「韓国の政治と行政、先進国レベルに改善すれば経済効果上昇」

By | June 15, 2021

[ad_1]

韓国は先進国と比較して「政治的な安定性」と「政府の効果性」が相対的に低く、経済成長にプラスになっていないという指摘があった。

韓国経済研究院は14日、「政治・社会・行政の不安定が1人あたりの国内総生産(GDP)成長率に及ぼす影響と示唆する点」の分析を通じて、このように明らかにした。

韓国経済研究院は政治・社会・行政的な不安定性が経済成長に及ぼす効果を推定するため、世界銀行の「政治的安定性指数」と「政府効果性指数」を活用して「政治・社会・行政不安定性指数」を算出した。国別に算出された「政治・社会・行政不安定性指数」を最近の5年間(2015-19年)で平均すると、韓国の経済協力開発機構(OECD)順位は34カ国のうち27番目だっった。

韓国経済研究院は、韓国の政治・社会・行政不安定水準(2015-19年平均)が大幅に改善される場合の1人あたりのGDP成長率上昇効果を測定した。シミュレーションの結果、韓国の政治・社会・行政不安定水準がG7トップ水準に安定する場合は1人あたりGDP成長率が0.5%ポイント、OECDトップ水準の場合には0.7%ポイント改善すると分析された。

韓国経済研究院は「世界10位の経済力を保有する韓国の政治・社会・行政的不安定程度がOECD34カ国のうち27番目というのは、南北分断による基本的リスク要因を考慮しても問題がある」とし「これは地政学的リスク以外にもわが国の政治・社会的葛藤による不安定要因が少なからずあり、これを緩和する政府の効率性も高くないことを意味する」と説明した。

[ad_2]

Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *