ウクライナ女子スキー選手がドーピング陽性で「一発アウト」 ロシアとの〝違い〟が波紋!/ネット「この大会は歴史に残る大会になった」「ロシアと中国はなんでもあり」

By | February 18, 2022

ウクライナのクロスカントリースキー選手にドーピング陽性反応


ワレンチナ・カミンスカが北京2022年冬季オリンピックでのドーピング検査に不合格となり、調査中のため暫定的に出場停止となったと、大会の検査当局が発表した。

2022年北京でドーピング事件が発生 – ウクライナのクロスカントリースキー選手、ワレンチナ・カミンスカに陽性反応が出る。
16/02/2022

ウクライナのクロスカントリースキー選手、ワレンチナ・カミンスカが北京冬季オリンピックのA検体でドーピング検査に陽性反応を示しました。これは、国際オリンピック委員会(IOC)が委託した国際検査機関(ITA)が2日、発表したものです。34歳のドーピングサンプルからは、禁止物質のメステロロン、メチルヘキサンアミン、ヘプタミノールが検出された。

ウクライナ女子スキー選手がドーピング陽性で「一発アウト」 ロシアとの〝違い〟が波紋!
2/17(木)

北京五輪でドーピング検査を担当する国際検査機関(ITA)が16日、スキー距離女子ウクライナ代表ワレンチナ・カミンスカ(34)がドーピング検査で陽性判定が出て、暫定的に出場停止処分がくだされたと発表した。

ITAは10日に行われた競技における検査で、世界反ドーピング機関(WADA)で禁止されているステロイドと2種類の興奮剤が検出されたと説明。

「競技者にはこの件について通知され、規則に沿った問題の解決まで暫定的に資格が停止された。これにより、競技者は2022年冬季五輪での競技、トレーニング、コーチング、または活動への参加を禁止された」とカミンスカに対する暫定的な資格停止処分と北京五輪からの〝追放〟が決まった。

カミンスカが〝一発アウト〟となったことに、ネット上では「ロシアはOKでウクライナはNGなんだ」「ロシアが許されてる以上、ウクライナも許されるのが、当然だろう。もう、収拾がつかなくなっている。絶対に、ロシアを許可してはいけなかったのに」などの声が続出。

フィギュアスケート女子ロシア・オリンピック委員会(ROC)のカミラ・ワリエワはドーピング違反が発覚しながらその後も個人戦への出場が許可されており、対応の違いを疑問視する意見が相次いだ。

ロシアとウクライナは軍事的な緊張が続いていることも相まって、両国の選手への対応の〝違い〟にも注目が集まっている。

ネットの声


なぜドーピング陽性のロシア選手が出場できるのだ?全く公平ではない。

IOCがロシア選手を出場させたのがすべてだ。今後、薬物はOKにしないと公平性は保てないと言われても仕方がない。

この大会はロシアと中国はなんでもあり。不公平極まりない。

歴史に残る黒大会だ。世界史に燦然と輝くだろう。

15歳とか関係ないだろう。違法薬物は即刻退場だ!

ウクライナ選手を擁護するつもりはない。これが正しい最低だ。ワリエワを出した時点でこのオリンピックは終わっている。

何から何までめちゃくちゃ。もうオリンピックの意義も意味もすべて消え失せた。

Source link

関連:  ヤマト運輸が日本で初めて導入したドイツ製EV、使い勝手が悪すぎて僅か1年で運用終了したと判明
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments