【朗報】日本、次の大戦は戦勝国側と確定

By | May 6, 2022

信じられるか?日本の首相が英シティで講演する日が来るとは。

ロシア依存低減へ原子力活用、エネルギーに10年で150兆円投資=岸田首相
5/5(木) 19:49配信 ロイター

[東京 5日 ロイター] – 岸田文雄首相は5日、訪問先の英ロンドンの金融街シティーで講演し、エネルギーのロシア依存度を低減するため原子力の活用を進める考えを示した。

合わせて、エネルギー分野に今後10年間で官民協調で150兆円の投資を実現するとした。

講演の冒頭、岸田政権の経済政策「新しい資本主義」を説明。「日本経済はこれからも、力強く成長を続ける。安心して投資をして欲しい」と述べ、「インベスト・イン・キシダ」と呼び掛けた。

首相は、ロシアによるウクライナ侵攻がエネルギー安全保障を巡る環境を一変させたと指摘。エネルギー分野における脱ロシアに貢献するため、再生エネルギーに加え、安全を確保した原子炉を有効活用すると述べた。

中長期的には、エネルギーの安定供給を確保しつつ、2050年カーボンニュートラル、2030年温室効果ガス46%排出削減という公約の達成を目指す。そのため、2030年に17兆円、今後10年間で官民協調により150兆円の新たな関連投資を実現させる考えを示した。

150兆円の投資を引き出すため、2030年までの包括的政策のロードマップを早急に策定するという。

新型コロナ対応の水際対策については、6月には、他の主要7カ国(G7)諸国並みに円滑に入国できるよう更に緩和していくと語った。

学びがある! 3
分かりやすい! 8
新しい視点! 6

https://news.yahoo.co.jp/articles/17055afb2b1c2a7dabdb951fb17384f2b8eb2ad4

ワトソン君シティって、ディープステートの場所ですよね?

英シティでの講演そのものが異例のこと


黒井ロシア陰謀論者によればな。だが実際英シティはロンドン市内で比べても別格で、その場所で日本の首相が演説することを許されるというのは、先の大戦で日本と英国が戦ったことや植民地を奪ったこと、その他すべてのわだかまりが完全に解消されたことを意味する。調べた限りでは平成26年に安倍元首相も講演している。

ワトソン君イギリスは、戦争では負けた事がないと黒井さんから聞きました・・・。

黒井ぶっちゃけ英国が次の戦勝国を決めると言っても過言ではない。英国は明確にロシアが敗戦国になることを示唆し始めていて、そのロシアに対し的確な経済制裁を発動した日本政府のことを高く評価してるんだよ。

ワトソン君じゃあ、日本が戦勝国になるんですね!嬉しいです。

マスコミ連中も今回のロシア敗戦で一掃したい


黒井岸田首相が英シティでこの表明をしたことそのものが、日本の大掃除とその後の戦勝シナリオまでが定まり始めたことを意味している。

共同通信と時事通信は、中国よりも中国寄りですよね?

黒井ああ。韓国よりも韓国寄りでもあるね。ロシアよりもロシア寄りのこともある。そうしたマスコミ連中を今回のロシア敗戦で一掃して…ついでにファシモトのようなロシアスパイも一掃できたらいいよな。そうなれば日本は先の100年の栄光を約束されるだろう。

ワトソン君いい話ですね・・・。そういう話を無料部分でもできるようになったのは、世界がドンドン良くなってるからだと思います。

黒井ロシア敗戦がようやく現実味を帯び始めたからな。そうして世界は日本のよさをもっと知ることができるようになるだろう。

関連:  対韓輸出管理強化、関西経済への影響は限定的? 韓国-関西経済フォーラム
Subscribe
Notify of
guest
1 Comment
Oldest
Newest Most Voted
Inline Feedbacks
View all comments
nanasi
nanasi
16 days ago

こんな大事な発表を日本で行わないのか…?一人の日本国民としてずっと言い続けて来た、海洋資源開発とエネルギー開発に日本はお金を出すべき…150兆円と言う金額まであっている。中国(上海電力)にエネルギーを牛耳られる事はロシアにエネルギーを牛耳られたドイツと同じになる…岸田政権は国内政治を真面目にやって貰いたい。