【中国崩壊】中国の景況感が予想外の急落w ロックダウンで景気減速w

By | August 4, 2022

中国経済の腰がボキッと折られた。

中国、7月の製造業景況感が予想外の節目割れ 2カ月ぶり
7/31(日) 11:42配信 産経新聞

【北京】中国国家統計局は31日、景況感を示す製造業購買担当者指数(PMI)が、7月は49・0だったと発表した。前月から1・2ポイントも下落し、好不況を判断する節目の「50」を2カ月ぶりに割り込んだ。新型コロナウイルスのオミクロン株派生型「BA・5」の感染が拡大していることや、世界経済の減速懸念が増していること受けた市場の需要不足が響いたとみられる。

中国誌・財経(電子版)によると、事前予想は50・4で、予想外の落ち込みとなった。習近平政権は、感染拡大を徹底的に押さえ込む「ゼロコロナ」政策の堅持姿勢を崩しておらず、景気の足を引っ張っている形だ。

PMIは「50」を上回れば生産や受注の拡大を、下回れば縮小を意味する。内訳では、柱となる生産の指数が49・8、新規受注が48・5といずれも2カ月ぶりに節目割れした。輸出向け受注も下がった。

統計局が7月中旬に発表した4~6月期の実質国内総生産(GDP)は前年同期比0・4%増と急減速した。上海市のロックダウン(都市封鎖)が景気悪化を引き起こした。6月1日の上海封鎖解除を受けて回復の兆しも出ていたが、再び景気減速懸念が生じている。

学びがある! 6
分かりやすい! 9
新しい視点! 4

https://news.yahoo.co.jp/articles/8592378fab2da6e619c37fc92b584cd1a780bd73

ワトソン君ボキッと折れたら、重傷だと思います(笑)

PRC検査で思想統制を実施して共同富裕構想実現へ


黒井突っ込みが細かいww 中国では今も強力なゼロコロナ推進で、感染者があるたび該当地区を封鎖して全数検査を実施する。上海ロックダウンのような一斉封鎖はないものの、逆に言えば常にロックダウンへ逆戻りする危険な状態と言える。

ワトソン君誰かがコロナをばら撒いたら、それだけで経済が終わりますよね・・・。やっぱり、習さんの目的はゼロエコノミーだと思います。

黒井そらそうよ。PRC検査の目的は思想を統制することだから。毎週毎日鼻に綿棒を突っ込まれても平気でいられるかどうかのテスト。

ワトソン君絶対イヤです(笑) 中国には、絶対住めません!

黒井それが共産主義に従うということだからな。国家のためなら自らを犠牲にできる、それが中国に住むための資格だ。

ワトソン君ネットユーザーの反応です!

・これは中央政府がムリな経済成長を目指さないというサインです。いい傾向と捉えるべきです
・永遠の経済成長はありえません。不動産バブル崩壊で建設業と銀行の連鎖倒産が始まります

黒井金融緩和は続けておきながら、ゼロコロナで事実上の引き締めを実施するという二重基準的な政策だからな。そうしないと国内の上海閥などがうるさいんだろう。

ワトソン君習さんには、意地悪クラブをやっつけてほしいです!

ワトソン君中国の皆さん、光の戦士の習さんと一緒に意地悪クラブを倒しましょう!そうすれば、千年王国を実現できます!

黒井日本には関係ない!どうでもいい!中国さようなら!

関連:  【中国崩壊】三峡ダム決壊危機 ⇒ 一転干ばつ危機にw
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments