ワクチン接種を繰り返すと免疫系を弱め、癌など生命を脅かす状態につながることが研究により判明(Epochtimes)

[ad_1]

ワクチン接種を繰り返すと免疫系を弱め、癌など生命を脅かす状態につながることが研究により判明(Epochtimes)

covid19(コロナ)

研究結果 コロナワクチン接種の繰り返しは免疫系を弱めるという研究結果

研究結果:COVID接種の繰り返しは免疫系を弱める。

かつて陰謀論とされていたことが現実に。それは「癌などの生命を脅かす状態」につながっている。

COVID-19ワクチンの接種を繰り返すと免疫力が低下し、がんなどの生命を脅かす症状にかかりやすくなる可能性があることが分かった。

ファイザー社またはモデルナ社のCOVID-19ワクチンを複数回接種すると、免疫グロブリンサブクラスの「異常な高濃度」が、実際に免疫系をワクチン中のCOVID-19スパイクタンパク質に対してより感受性を高めることを示す証拠が増えてきている、と研究者は論文で述べている。

研究者らは、COVID-19の初回接種に加え、複数回のブースターを接種するとデルタとオミクロンの両ウイルス変異体に対する防御力が「著しく低下する」というマウスでの実験結果や、ワクチンを繰り返し接種するとIgG4(抗体の一種。免疫系が異物や病原体に対抗するために生成するたんぱく質)レベルが急上昇し、免疫力が低下することを示唆した実験結果を紹介している。

この論文は、5月に雑誌『Vaccines』によって発表された。

ファイザー社とモデルナ社の関係者は、コメントを求めたが応じなかった。

両社とも、ワクチンにメッセンジャーRNA(mRNA)技術を利用している。

この技術の発明に貢献したロバート・マローン博士は、この論文は、彼が繰り返されるワクチン接種の悪影響について警告してきた理由を示していると述べている。

「つまり、これらの決定を裏付ける確かなデータを持たずに、投与や再投与を急ぐことが、実際に病気にかかりやすい人々の属性を生み出す結果になった。ということが、基本的に検証されたのです」

ワクチン接種の繰り返しによってもたらされる免疫力の低下は、癌を含む深刻な問題を引き起こす可能性があると研究者は述べている。

高抗原濃度のmRNAワクチン接種の繰り返しによるIgG4合成の増加は、自己免疫疾患の原因にもなり、がんの増殖や自己免疫性心筋炎を促進する可能性がある “と、彼らは論文に書いている。

心筋炎は、COVID-19ワクチン接種によって引き起こされる心臓の炎症の一種で、若い男性が最も高いリスクに直面している。

一部の研究では、自然免疫や回復後の保護を享受している人と比較して、ワクチン接種者は感染リスクが高いと指摘されています。4月にOpen Forum Infectious Diseases誌で発表された最近の研究では、接種回数が増えるごとに感染リスクが高まることが判明した。(Theepochtimes)抜粋

ネットの声

このことは、多くの人が早くから予言していたことですが、結局は黙殺されました。 人々が、政府は決して信用できないことを学んだと思います。

私を嘲笑し、馬鹿にした人たちのことは決して忘れません。でも、私は自分に忠実であったことを誇りに思います。

このようなことが、私の息子とその家族に起こっています。今はよく病気になり、回復するのが大変です。

それなのに、私の地元の保健所は、今日も電話で子どもたちにコロナワクチン注射を勧めています。私たちの政府は哀れです。

前からわかっていたことだ。

ワクチン接種を繰り返すと免疫系を弱め、癌など生命を脅かす状態につながることが研究により判明(Epochtimes)

[ad_2]

Source link