【政界徒然草】古賀氏に「つくしの坊や」と言われた岸田氏「ポスト安倍」戦略の行方は


自民党本部で参院選の結果を見守る岸田文雄政調会長=7月21日、東京都千代田区(佐藤徳昭撮影)
その他の写真を見る(1/3枚)

 自民党の岸田文雄政調会長をめぐり、岸田派(宏池会、46人)で名誉会長を務める古賀誠元幹事長の発言が波紋を広げている。「ポスト安倍」に意欲を示す岸田氏が安倍晋三首相からの禅譲を目指していることについて、古賀氏は8月20日夜のBSフジ番組で「いくら禅譲といっても『つくしの坊や』じゃないが、ポキッと折れたら何もない」と指摘したのだ。岸田氏の後見人でもある古賀氏の厳しい言葉の背景には、何があるのか。

 「『ポスト安倍』であることは間違いないが、修羅場や政治センスという意味で一苦労、二苦労してもいい。余力のある年齢だ」

 古賀氏は番組で、岸田氏は必ずしも次期首相にこだわる必要はないとの認識を示した。岸田氏を突き放すような言い方をする一方で、菅義偉官房長官については「庶民に生まれてはい上がってきた人で(私と)同じ土のにおいがする。政権を担ってもらいたい」と持ち上げた。

 菅氏は、岸田派が古賀派だった時代の所属議員だった縁がある。古賀氏は4月8日にも、岸田氏について「ポスト安倍候補の一人ということは否定しないが、必ずしもポスト安倍でなければいけないということではない」と述べている。このときも、次期首相候補として菅氏の名前を挙げ、派内に波紋を呼んだ。

続きを読む



Source link

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*