政府、GAFAから意見聴取 





米アマゾン・コム、アップル、フェイスブック、グーグル各社のロゴマーク(ロイター)
その他の写真を見る(1/2枚)

 政府は12日午前、首相官邸でデジタル市場競争会議を開き、「GAFA」と呼ばれる米IT大手4社から巨大IT企業への規制強化を盛り込んだ新法案について見解や主張を聴取した。

 菅義偉(すがよしひで)官房長官は会議で「国が取引の透明性の大枠を示しながら、(GAFAなどの)プラットフォーマーが自主的に取引環境改善に取り組む形になる」と強調した。年内に一定のルール整備の内容を取りまとめる考えを示した上で、GAFA各社に課題の解決に向けた協力を求めた。

 4社はグーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン・コム。同会議には各社の公共政策や法務の責任者クラスが出席し、政府側からは菅氏と西村康稔経済再生担当相、民間有識者が参加した。

 新法「デジタル・プラットフォーマー取引透明化法」はインターネット通販やアプリ販売の大規模なサイトを運営するIT企業が、取引先の中小企業に不当な不利益を強いるのを規制する。取引条件を自主的に開示させることを検討している。



Source link

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*