公明・斉藤氏「見直し意義ある」 桜を見る会中止





公明党・斉藤鉄夫幹事長

 公明党の斉藤鉄夫幹事長は13日、政府が首相主催の「桜を見る会」を来年度は中止すると発表したことについて「今回見直して再出発することは、意義あることだ」と評価した。国会内で記者団に語った。

 斉藤氏は招待者の推薦に関し「私自身も地元で社会的貢献の高い人を推薦してほしいといわれたことがある。数人を毎年推薦していたが、大変喜ばれた。できるだけ多くの人を推薦したいと思ったぐらいだ」と述べた。

 同時に「(推薦は)長年続いてきた慣例だった。見直すということだから、政府の検討を見守りたい」として、対応を注視する考えを示した。



Source link

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*