「息子が女性傷つける…」と相談 事件前日、母親が埼玉県警に 新潟の刺殺事件容疑者の男





斎藤涼介容疑者

 新潟市の女性刺殺事件を巡り殺人容疑で全国に指名手配されていた斎藤涼介容疑者(25)が18日、同市内で逮捕された。斎藤容疑者は埼玉県上尾市出身で、同市に住む斎藤容疑者の母親は事件前日の14日、埼玉県警上尾署に「(斎藤容疑者が)元交際相手の女性を傷つけて自殺するとほのめかしている」と、電話で相談していた。

 県警によると、母親が相手の女性の名前や住所を把握していない一方、「(斎藤容疑者は)神奈川県で暮らしている」と話したため、県警は神奈川県警に情報を提供したという。

 15日午前、再び母親から上尾署に電話があり、「息子を連れて帰ってきた。今は落ち着いている」と話したため、署員は母親に対し、斎藤容疑者に外出する様子があれば110番通報するよう伝えた。

 だが、斎藤容疑者はその後に新潟に向かったとみられ、15日夜に新潟市中央区の繁華街にあるビル内で女性を刃物で刺して殺害。そのまま逃走した。

 埼玉県警人身安全対策課の担当者は、「女性の詳しい情報があれば違う対応ができたかもしれないが、その時点では考え得る最善の措置だった」との認識を示した。



Source link

本日の注目ニュース

Read Previous

菅長官「丁寧に説明している」 桜を見る会めぐる首相の異例説明に見解

Read Next

自民・岸田政調会長「9条の精神維持」 広島で党改憲案理解訴え

guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x