韓国「米国のせいで日本との関係を断てない」 また訳の分からないことを…

By | December 20, 2019

GSOMIAが延長された背景について佐藤優氏が分析をしているが、韓国としては日本との関係をなくせるかどうかという場面に米国がしゃしゃり出てきてそれを邪魔したという認識を持っているらしい。とはいえその米国をけしかけたのが日本だとも思っているから、結局は日本が悪いという考えには変わりはないようだが。GSOMIAを土壇場で延長した衝撃的な事件の余波がいつ訪れるかも分からない状況だ。

韓国の本音「米国のせいで日本と断絶できない」
12/19(木) 9:15配信 プレジデントオンライン

日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)について、文在寅政権は失効直前に破棄通告を撤回した。作家の佐藤優氏は「韓国人には、日本がアメリカを巻き込んで文在寅政権をねじ伏せたように見える。日本への恨みの感情が蓄積されるだろう」と指摘する。外交ジャーナリストの手嶋龍一氏との対談をお届けする――。

※本稿は、手嶋龍一・佐藤優『日韓激突 「トランプ・ドミノ」が誘発する世界危機』(中公新書ラクレ)の一部を再編集したものです。

■声明文に滲み出る無念の思い

【佐藤】GSOMIAが失効する秒読みの段階にあった11月22日になって、なぜ、文在寅政権が「いつでも協定の効力を失効させることができるという前提のもと、終了通知の効力を停止させる」という、実にまどろっこしい表現で、協定の破棄通告を延期したのか、その背景を検証してみたいと思います。

【手嶋】文在寅大統領の無念の思いがこの声明文に滲(にじ)み出ています。本当は破棄したかったのだが、トランプ政権の圧力を前に妥協せざるをえなかった――と。その一方で、韓国内では「協定を破棄すべきだ」という声は、世論調査では半ばに達していましたから、手ぶらでアメリカの求めに応じるわけにはいきませんでした。
・・・

■トランプ政権のすべてを動員して日韓を説得

【手嶋】日韓が直に協議したのではない。トランプ政権が日韓双方に諮りながら取りまとめたのでした。アメリカは「仲裁役」ではなく、東アジアの「日米韓の三角同盟」の当事者として、GSOMIAの維持に動いたのです。トランプ政権の文句は「協定を破棄すれば、中国や北朝鮮を利するだけだ」。エスパー国防長官、スティルウェル国務次官補などトランプ政権のすべてが動員されて、日韓の説得にあたりました。GSOMIAが単に機密情報の交換協定でなく、日米安保、日韓安保を補完する重要な役割を果たしていることが窺えます。

【佐藤】アメリカがここまで協定維持に真剣になったから、韓国としては譲歩する以外に選択肢がなかったのです。

文在寅大統領も、米韓同盟を事実上破棄する覚悟があれば別ですが。交渉の最終局面では、どうやって面子(メンツ)を保つかが焦点でした。安倍政権が輸出規制を巡る「対話」には応じてもいいと軟化したため、これが落としどころとなりました。安倍政権としては「対話」をするだけですから、僅(わず)かに譲ったにすぎません。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191219-00031300-president-pol

韓国のGSOMIA破棄方針を覆したのは誰か?
これが、さっき黒井さんが言ってた記事ですか?

そう。韓国としてはGSOMIA破棄の方針でいたのに米国に圧力をかけられ邪魔されたから、防衛費の方では今度こそ強硬になるだろうという話だ。

確かに、ジーソミアはムン大統領の思い通りにはならなかったと思います・・・。ボク達が安易に破棄だと決め付けたから、意地悪クラブに寸前に邪魔されてしまったんです!

ここでのGSOMIA延長の主体はトランプ政権とされているがな。つまりトランプ政権こそが意地悪クラブの本体だったと言いたいわけか?

ボクは、トランプ大統領は、ジーソミア破棄を見越して在韓米軍の撤収まで考えてたと思います。意地悪クラブは、アメリカ議会だと思います!

まあ誰がどういう経緯で文在寅の決定を阻止したかはこれまで見てきたとおりだと思うが、俺はエスパー国防長官の目の前で文在寅が面を切った時にこれは破棄で決まりだなと感じたわけ。

そうなんですか?

GSOMIA維持派のトップがエスパー国防長官だという認識だ。トランプも口では維持すべきだとは言うが、実際のところGSOMIAが破棄されようがされまいがどうでもいいという立場だったと思う。だから急転直下というのがいまいち納得できなくてね。

韓国が土壇場で結論を変えたのって、理由は何でしたっけ?ちょっと思い出せなくて・・・。

この記事の続きによれば韓国は最終局面ではすでに破棄撤回に傾いていたらしい。だがただで撤回しては文在寅政権の面子が丸つぶれになるから、落とし所をどうするかが焦点だったと。そこに安倍政権が対話の提案を持ち出したから渡りに船だとなって破棄撤回と。

直接的な決め手はやはり在韓米軍撤収の話が出てからか
その経緯を踏まえると、やはり直接的な決め手はエスパー国防長官の辺りだったんじゃないかという気がしている。在韓米軍の1旅団の撤収がどうのという話が出たのも確かあの辺りだろ?

そうみたいです!じゃあ、ムン大統領はアメリカ軍の撤収がイヤで、ジーソミアの破棄も取り下げてしまったんですね・・・。

米韓同盟を維持しながら北朝鮮との融和政策にGOサインをもらうのが文在寅政権の狙いだから、米国に見捨てられてはその構想が破綻してしまう。だから文在寅政権としては非核化に応じるか分からない北朝鮮よりも在韓米軍撤収の意思を見せた米国の言いなりになるしかなかったというわけ。

■日本が文在寅政権をねじ伏せたように見える構造

【手嶋】北朝鮮と中国の脅威を挙げて、当面は協定をなんとか維持したのですから、今後の対北交渉には少なからぬ影響を与えることになりそうです。トランプ大統領が、北の独裁者と恋に落ちて、米朝首脳会談を実現しながら、北朝鮮の非核化は少しも実現しないどころか、新鋭のミサイル開発・実験はどんどん進んでいます。米朝対話の推進役だったトランプ大統領とポンペオ国務長官が、協定維持の前面に姿を見せなかったのは、米朝対話の負の側面を物語っていると思います。

【佐藤】重要な指摘です。トランプ大統領とポンペオ国務長官がどこまで真剣にGSOMIAを維持しようとしていたのかがわからない。ただし、ペンタゴン(国防総省)と国務省の安全保障の専門家たちはこの協定をなんとしても維持しなくてはアメリカの国益が毀損(きそん)されると考えたことは間違いないと思います。 表面上、GSOMIAをめぐる危機は回避されたように見えますが、構造的には事態はいっそう深刻化していると思います。韓国人には今回の事態は日本がアメリカをうまく巻き込んで文在寅政権を力でねじ伏せたように見える。その結果、日本に対する韓国人の恨みの感情がいっそう蓄積されることになったと思います。
・・・

あれ?結局、日本が悪い事になるんですか?

日本が悪いのは大前提で、その悪い日本に加担した米国も悪いという認識だね。米国が在韓米軍撤収を言い出さなければGSOMIA破棄で決まっていたのにという悔しさもあるかもしれない。

それが、どうして韓国が防衛費を拒否する理由になるんですか?

さっきの話とリンクさせようか。米国が北朝鮮の非核化に完全失敗したことが露わになるからだよ。そうだろ?北朝鮮がもし大陸間弾道ミサイルの実験を再開するようなら非核化の意思が1ミリもなかったことの証明になるじゃないか。

じゃあ、そんなアメリカは頼りにならないって言って、防衛費増額にも応じないって事ですか?

加えて米国には非核化交渉に失敗したという負い目がある。在韓米軍の駐留を継続するのもそうだが、日本とのGSOMIAを延長せざるを得なくなったのもそもそもは米国が非核化交渉に失敗したからじゃないかと言って責任を押しつけようとする可能性があるってわけ。

韓国も、北朝鮮の非核化に失敗してるような気もしますけど・・・。

今まで文在寅政権の何を見てきたんだ?韓国には北朝鮮に非核化を進めさせる考えは1ミリもないと思う。米国の手前そう言ってただけに過ぎない。

在韓米軍撤収の方針だけは一致しているのが北朝鮮と韓国
そうなんですか?

あわよくば北朝鮮の核を民族の核に…というのが文在寅政権の基本戦略だし、仮にそれが失敗して北朝鮮が韓国に攻め込むような事態になったとしても、在韓米軍がいなくてGSOMIAも破棄された状態なら日本への侵攻計画を立てるのはたやすいだろ?北朝鮮が非核化しようがしまいがどうでもいいんだよ。

じゃあ、ムン大統領は、とにかくアメリカ軍を追い出したいんですね!それなら、ボクも理解できます。

北朝鮮と韓国の目的はやや異なるがな。在韓米軍が邪魔だという認識は共通してると思う。在韓米軍はいわば朝鮮半島を起点にした有事勃発を制御する楔や栓のようなものだ。北朝鮮はおろか韓国までもがその安全装置を外したがっているというわけだ。

ネットユーザーのTUさんは、日本はジーソミア更新に興味はなかったと言ってます!韓国はホワイト国になぜこだわるのかって。自分達が見たい現実だけを見ている(E2さん)、相手がどう考えるかという発想がない(MIさん)、行き当たりばったりだ(KNさん)、という雰囲気です!

おそらく韓国が攻めてくるという有事プランを日本政府にばっちり把握されて、勝てる見込みが限りなくゼロに近かったというのもGSOMIA延長の理由の1つになると思う。韓国が在韓米軍撤収カードを持ち出す意味がなくなったとも言えるね。

ええっ?じゃあ、ボク達が1919派の話を広めたからですか?

そうかもしれないね。仮にそうだとしたら我々の手柄だ。1919派の脅威を事前に広めることで日本の危機を救ったことになるからな。

今の韓国は100%米国の言いなりになって、北朝鮮と戦争をしてでも国体を維持しなければならない状態にまで追い込まれているとみるのが正しいと思う。これは文在寅政権の意向とは正反対だよ。韓国は自国の命運を完全に米国に握られてしまったというわけだ。

韓国は、主権を失ってしまったんですね・・・。ボクも、最近ムン大統領の影が薄いと感じてて、韓国はどこに行ってしまったんだろうって思います。

むしろ失礼議長の方が目立ってるよな。日本との首脳会談直前だというのに文在寅の動静がまるで聞こえてこない。この調子ではろくな結果は残せないだろう。それでも日本は一向に構わないし朝鮮半島が有事になろうが別にどうでもいいけどな。

韓国の皆さん、もう手遅れです!そのまま突き進んでください!

日本は関係ない!統一おめでとう!韓国さようなら!

関連:  謝ったら死ぬ病気なの ~ 立憲民主党・黒岩「桜!久兵衛!寿司ぃ!!!」 安倍ちゃん「・・・お前いい加減に恥を知れよ」
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments