松竹100周年 山田洋次監督と志村けんさんで記念映画公開へ

[ad_1]



松竹100周年記念映画「キネマの神様」出演者。志村けんさん(左上)、菅田将暉さん(右上)、宮本信子さん(右下)、永野芽郁さん(左下)

松竹100周年記念映画「キネマの神様」出演者。志村けんさん(左上)、菅田将暉さん(右上)、宮本信子さん(右下)、永野芽郁さん(左下)

 松竹は24日、創立100周年を記念して新作映画「キネマの神様」を製作、12月に公開すると発表した。

 作家、原田マハさんの同名小説を原作に「男はつらいよ」などの山田洋次監督が手がける。映画の撮影所で青春時代を過ごした主人公の現在と過去、家族愛や友情を描く。

 主人公の現在をコメディアンの志村けんさん、青春時代を俳優、菅田将暉(まさき)さんが演じる。ほかに女優の宮本信子さんと永野芽郁(めい)さんの出演が決まっている。

 志村さんの映画出演は「鉄道員(ぽっぽや)」(平成11年)以来21年ぶりで、主演は初めて。志村さんは「節目の作品に選んでもらい光栄」とコメント。

 山田監督は「映画人の喜びと悲しみの人生を、映画製作100年の歴史を持つ松竹を舞台としてドラマチックに描きたい」としている。

 撮影は3月開始予定。

 出演者らのコメントは次の通り。

志村けんさん「僕が映画に出演させていただくのは人生で2度目で、前回から約20年ぶりになります。松竹100周年という節目の作品に選んでもらい、光栄なことだと思っております。ありがとうございます。山田洋次監督の作品もたくさん見ていましたので、緊張感と不安を感じつつも撮影に入るのをとても楽しみにしています」

菅田将暉さん「今回、このようなすてきな座組みに呼んでいただけたこと心から感謝しています。山田洋次監督のもと、キネマの神様がほほえんでくれるよう丁寧に紡いでいきたいと思います。脚本を読みながら、体が熱くなりました。この世界に入ってよかった。そんなふうに思いました。撮影所と映画と映画館とそこにいる人たち。この優しい情熱がどうか届きますように。よろしくお願いします」

続きを読む

[ad_2]

Source link

Read Previous

【主張】代表質問 「国の基本」をもっと語れ

Read Next

勝手にかばん開け1万円 預かった医院に賠償命令

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *