デジタル通貨「検証重要」 菅長官、自民議連提言受け


 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は14日、自民党の「ルール形成戦略議員連盟」の甘利明会長と首相官邸で会い、米国とのデジタル通貨の検討と準備に向けた緊密な連携を求める提言を受け取った。甘利氏によると、菅氏は「(デジタル通貨は)可能性と同じくリスクがある。事前に検証するのが重要だ」と応じた。安全保障の観点からも検討の必要があるとの認識も示したという。

 議連の提言は、デジタル人民元発行を目指す中国に対抗する重要性を訴えている。甘利氏は「日本が中心になって米国と欧州連合(EU)を結び、ドル決済体制が安定するよう協力しなければならない」と記者団に語った。



Source link

0 Reviews

Write a Review

Read Previous

米中摩擦影響で電機3社減益 大手8社、東芝は赤字

Read Next

台湾・空軍ヘリ墜落事故で調査結果発表 天候と地形、人的要因

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *