関電金品受領問題で調査委が3月中旬に報告書 便宜供与の有無焦点





福井県高浜町の関西電力高浜原発

 関西電力役員らの金品受領問題を調査している第三者委員会(委員長・但木敬一元検事総長)は25日、3月中旬をめどに関電に報告書を提出し、記者会見を開くと発表した。原発の立地する福井県高浜町の元助役森山栄治氏(故人)からの金品受領の全容や、見返りとしての便宜供与の有無を明確にできるかどうかが焦点となる。

 第三者委は25日、4人のメンバーが参加して11回目の委員会を大阪府内で開き、報告時期を決定した。

 関電は問題発覚を受け、昨年10月に第三者委を設置。当初は年末までの報告を求めたが、第三者委側は「奥深い問題が出てきた」(但木委員長)として年明け以降も調査を続けてきた。

 関電が公表した金品受領者以外にも、産経新聞の取材に複数のOBが金品のやり取りがあったと証言している。



Source link

0 Reviews

Write a Review

Read Previous

イベントをVRに切り替え KDDI、新型肺炎対策

Read Next

立民・福山幹事長、政府基本方針「検査体制拡充ない」「危機感ない」 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *