かんぽ生命不正販売、法人にも調査拡大 新型コロナで調査に遅れ

By | April 27, 2020





日本郵政の増田寛也社長

 日本郵政の増田寛也社長は27日に会見し、かんぽ生命保険の不正販売問題で、調査対象を法人に拡大することを明らかにした。契約の乗り換えをした事業者のうち約1800社を対象とする。20社に行った抽出調査で、不利益になる契約と認識せずに乗り換えた可能性のある事業者が2社見つかったため。また、新型コロナウイルスの感染拡大に関連して、従業員への調査に遅れが出ており、保険の営業再開も見通せない状況になっている。

 法人向けの調査は、5月に契約内容を確認するアンケートを郵送して実施する。中小企業などで、不利になる契約だったにも関わらず、内容を精査せずに乗り換えを決めたケースがあったという。増田社長は「契約内容の確認は念には念を入れる」と強調した。

 一方、新型コロナウイルスの影響について、顧客に対する調査は電話や郵送形式で継続しているが、従業員への対面調査を中断しており、「進捗(しんちょく)にすでに影響が出ている」(増田社長)という。増田社長は「被害の回復が優先。募集再開を軽々にはいえない。慎重に考えたい」と、保険の営業再開の遅れにもつながる懸念を示した。

 また、優先的に実施してきた18万3千件の「特定事案調査」は、法令と社内規則の違反を22日時点で合計3608件確認。3月25日時点の3033件から増えた。



Source link

本日の注目ニュース

“出国拒否”外国人 急増 刑事事件で有罪判決がおよそ3分の1/難民認定申請を繰り返し退去を逃れるケースも/ネット「とっとと強制退去だろ!」「これが国の宝?」
沖縄電力39%、四国電力28%の大幅値上げ経産省に申請。東電も近く申請/ネット「再エネは役立たずだった」「脱炭素はもうやめろ!原発動かせ」「再エネ賦課金即中止」
ヒゲの隊長、岸田政権の水増し防衛費に喝!「防衛力の抜本的強化には程遠い。防衛力は強くならない。抜本的強化と程遠い。自民党の公約や提言とも違う」/ネットは怒りの声
全国医師有志の会が接種中止訴え/「ADEは接種によりできた抗体が、逆に感染力を強くする現象」「抗原原罪とは繰り返し打つと、抗体ができにくく免疫力がつかない現象」
公明、統一地方選へ逆風警戒「政治と宗教」教団問題で注目/ネット「こっちこそ本丸」「国会で追及!」「他人事で自民批判してるが説明責任はよ!」「マスゴミは報道せよ」
岸田首相、日本の敗北に「奮闘を讃えたい。次がある。頑張れ日本」と激励ツイートも、大惨事レベルの炎上/ネット「岸田さんは今の所、全敗」「オウンゴールばっかり」「あなたには次はない」「健闘(検討)するだけ...
NEW!電通に続き博報堂も捜査へ/東京五輪巡る談合事件で広告大手「博報堂」「東急エージェンシー」などに家宅捜索 東京地検/容疑対象は総額は公表だけで192億円
いまだマスク姿の日本人 訪日外国人は/「滑稽」「感染者まだ数えてるの?」「コロナは昔の出来事」「ノーマスクは当然」/ネット「マスク着用率世界一、感染者数世界一」
少子化加速。出生数80万人下回る過去最少:厚労省「コロナ禍影響」/ネット「コロナ対策に数百兆円で、少子化加速、超過死亡激増、薬害訴訟、自殺者数激増、不登校激増」
福島雅典、京大名誉教授「これだけ打って、厚労省の肝心の旗を振っているところは10%しか打ってない。なんだそれは!」「人の命がかかってる!いい加減にしなさい!」
「5類」引き下げ 加藤氏「早期に検討」/ネット「このごに及んでまだ検討」「出た!5類にするする詐欺」「半年前から何一つ進んでない」「聞き飽きた」「とっととやれ」
週刊誌のホコ先が創価学会に/「統一教会問題」に対し、公明党は「自分の身に火の粉」をひたすら恐れ腰の引けた対応も「新潮」「文春」が相次ぎ報道/ネット「いよいよ本丸か」
関連:  保険会社の元同僚から2880万円詐取 容疑で女を逮捕 京都府警
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments