マツダ、4月の中国販売がプラスに 4カ月ぶり

By | May 2, 2020





マツダのロゴマーク=広島市

 【北京=三塚聖平】マツダが1日発表した中国市場での4月の新車販売台数は、前年同月比1・0%増の1万7091台だった。新型コロナウイルス蔓延(まんえん)による影響を受けて販売が大幅に落ち込んでいたが、昨年12月以来4カ月ぶりにプラスに転じた。

 新型コロナ直撃により中国の自動車市場は1月下旬から2月にかけて急激に悪化しており、マツダは2月に79・0%減の悪化を記録していた。同社によると販売網が復旧しており、需要の回復も受けて販売増につながったとみられる。

 ただ、各国での感染拡大により世界経済が悪化し、中国経済の先行きも懸念されている。今後、中国自動車市場が本格的に回復に向かうかどうか、今後の動向が注視される。

 他の日系大手のトヨタ自動車、ホンダ、日産自動車も今後、4月の販売台数を順次発表する。



Source link

関連:  韓国のワクチン接種が他国の追随を許さない圧倒的速度を達成して、文在寅がSNSで勝ち誇った模様
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments