Breaking News :

韓国の教授が日本で歴史の真実を話してしまう! 「慰安婦は強制連行ではない、就職詐欺だ」 終わったな…

韓国文在寅「申し訳ありません!ビラ散布の脱北者は逮捕します!」 完全に北朝鮮の一部だな…

韓国、ロケットの重要部品をくず鉄業者に売却! 26億円の開発費用が62万円に! 韓国らしい事件だな…

来年韓国は国家破綻だ!韓国経済は20年後退する!IMFが今年の韓国の成長率をマイナス2.1%と予想 韓国の反応

韓国人大量破産だ!多くの韓国人が天国に行く!コロナが長期すれば韓国の76万世帯が1年以内に破産する予測が出る 韓国の反応

日本が粉々になったら韓国も被害を受けるというのは根拠のない虚偽扇動であり韓国は得をしますよね?韓国の反応

韓国人「日本が韓国を「ホワイト国」から除外してから1年‥韓国人の日本製品ボイコットにより、ビール88%、自動車は売上が半減!」 韓国の反応

韓国人「スペインはまだ韓国を恨んでいるの?」スペインがサッカーWCの「当時エジプト主審」を批判! 

IMFの警告に韓国政府が反発! 「過度な解釈だ」と主張! 見苦しいな…

不買運動1年 釜山と日本結ぶ旅客船・航空機の利用激減=韓国

【韓国】 「韓国戦争特需を享受した国」 文大統領が6・25韓国戦争記念演説で日本を間接的に批判

韓国のユネスコ大使「日本は約束を守れと21の委員国に伝えている」

July 5, 2020

変わる行列、マスク姿…新たな日常表現模索 WOWOWドラマ監督語る





WOWOWのドラマ「2020年 五月の恋」
その他の写真を見る(1/2枚)

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴って3密(密閉、密集、密接)防止が叫ばれる中、スタッフや出演者が集まらないリモートによる映像作品の制作が進んでいる。WOWOWのドラマ「2020年 五月の恋」もその一つだ。新たな手法による収録の難しさや可能性、「ウィズコロナ時代」のドラマ作りを、同作の松永大司監督とWOWOWの岡野真紀子プロデューサーに聞いた。(文化部 森本昌彦)

企画から20日後に配信

 5月28日夜から動画投稿サイト「YouTube」のWOWOWオフィシャルチャンネルなどで4夜連続で無料配信が行われた「2020年 五月の恋」は、コロナ禍での元夫婦の交流を描いた作品。元夫が元妻に間違い電話をかけたことから物語が展開する。

 同作の企画がスタートしたのは、配信が始まる20日前の5月8日。ドラマで元妻役を演じる吉田羊さんから、岡野プロデューサーにかかってきた1本の電話がきっかけだった。

 「『なんか私たち表現しないと駄目だよね』『今しかできないことをやらない?』という吉田さんの言葉がすべてのスタートでした」。岡野プロデューサーは当時を振り返る。

 ちょうど、同作の脚本を担当した脚本家の岡田惠和(よしかず)さんと「これからドラマの世界が撮影を再開できなかったら、電話をキーワードに何かやりたいね」という話をしていたタイミングだったという。吉田さんからは、脚本を岡田さん、共演者を大泉洋さん、監督は松永監督というリクエストもあり、準備が進められた。

 リモートという手法で作られたドラマはこれまで何作も公開されているが、「Zoom」などのビデオ会議システムを利用したものが目立つ。俳優がビデオ通話を行う形で、話が進んでいくというものだ。

 「2020年 五月の恋」は、吉田さんと大泉さんの演技をそれぞれ別の場所で同時にカメラ撮影。その様子をさらに別のところにいる松永監督が中継映像で見て、演出を行うという形で行われた。

 制作にあたっては、テレビドラマ、映画、音楽ライブ中継と普段異なる仕事をするスタッフが協力。相手の顔が見えない電話でのコミュニケーションという物語の設定もあり、ビデオ会議システム上の交流とは異なる作品を生みだした。

新たな表現の模索

 リモートという手法による制作について、松永監督は「監督って役者の近くにいてナンボという気持ちが正直あって、『今すぐそこに行きたい』という気持ちがありました」と話す。

 吉田さんとは主演映画「ハナレイ・ベイ」の監督として仕事をした経験があるが、大泉さんとは初めて。今回の収録前に直接会うこともなかった。「同じ空間にいてコミュニケーションが成り立つと思うんです。演出って信頼関係ですから」と画面越しでの演出の難しさを語る。

 一方で、役者、スタッフという制作チーム全員で新しい表現を模索している楽しさがあったという。

 新たな発見の一つは、俳優の演技だった。従来はカメラマンをはじめとするスタッフに見られながらだったが、今回は誰もいない場所での演技となった。「(通常は)カメラの向こうには人がいて存在を完全に消すことができないから、役者の自意識みたいなものをなくすのが本当に難しいんです。誰もいないリモートはカメラの存在をなくしていける可能性があります」と語る。

日常の景色が変化

 新型コロナウイルスは、従来の習慣や価値観を一変させた。エンターテインメントの世界も例外ではない。

 岡野プロデューサーは「世の中がこういうことになっているので、それを超える何かを作るというようなことよりも、もう少し小さな小さな物語を今、私は探すべきなのかなという感じがちょっとしています」と説明する。

 今回の作品はその1つで、「電話というものでつながることだけがエピソードで、あとは2人の日常や会話の中で見えてくるもので伝えていくということが今大事なのではないかと思っています」と話す。

 今後もしばらく続くことが予想される「ウィズコロナ時代」は、作品や制作にどう影響を与えるのか。

 松永監督は「日常の景色の変化」を挙げ、「例えば、お店に並んでいるというシーンを撮るときに、無意識にみんなが隙間を空けて立っていたりするとか、コロナ前、コロナ後という世界が表現の中で完全に出てくると思います」と予想する。

 今回の事態で到来した新たな日常がいつまで続くかは誰にも分からない。そのことが今後の作品作りの難しさになっているといい、松永監督はこう語った。

 「テーマをどう選んで、いつの時代を、いつの瞬間を描こうとするのかということをすごく今考えています。例えば、マスクをすることだったりということが、どういうふうに収まっていって、どう持続されていくのかが分からない中で、どう描けばいいのかということは想像していくしかないなと思いますね」

 「2020年 五月の恋」はYouTubeのWOWOWオフィシャルチャンネル、WOWOWメンバーズオンデマンドで無料配信中。2日午後11時45分からはWOWOWプライムにて無料放送が行われている。全4話。



Source link

READ  陸上・桐生「超楽しい!」 たけし&さんま”27時間”掛け合いに

Read Previous

キャッシュレス手数料に“メス” 求められる高コスト体質の解消

Read Next

元少年に2審も無期懲役 千葉の高齢女性殺害

guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x