「信頼される組織へ第一歩」 関電の再発防止策に梶山経産相





関西電力本店=大阪市北区(渡辺恭晃撮影)

 梶山弘志経済産業相は30日午前の記者会見で、関西電力が金品受領問題を受け、外部の目で経営を監視する仕組みを導入するなどの再発防止策を進めていることについて「国民に信頼される組織に生まれ変わるための第一歩を踏み出したものと考える」と評価した。

 梶山氏は「企業風土として確実に定着するように不断に取り組んでもらいたい」とも述べ、関電の取り組みをしっかりと見守っていくとした。



Source link

Read Previous

梶山経産相と青森知事 新型コロナ、エネルギー政策で会談

Read Next

【動画】香港安全法を可決 中国・全人代常務委 最高刑は終身刑に厳罰化 香港報道

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *