Breaking News :

August 14, 2020

埼玉県、対策不十分なキャバクラ店などに休業要請

[ad_1]

 埼玉県は13日、キャバクラ店、ホストクラブなどの「接待を伴う飲食店」のうち、新型コロナウイルスの感染防止対策が十分でない店舗に対し、改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく休業要請を行った。

 対象は、業界のガイドラインに定められている「接客時のマスク着用」「客との距離確保」などの対策が徹底されていない店舗。ただ、県は、要請対象店舗数については「把握していない」と説明しており、現状では、休業を促すことよりも感染予防策を徹底させることを目標に据えている。

 埼玉県内では、キャバクラ3店舗とホストクラブ1店舗でクラスター(感染者集団)が発生したと認定されている。

[ad_2]

Source link

本日の注目ニュース

Read Previous

オートバイで暴走の疑い 「旧車会」メンバー2人を逮捕 神奈川県警

Read Next

英劇場街の再開遅れる 「社会的距離」取れず 英国の芸術文化に打撃

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *