山形、全世帯で断水解消 大雨影響、4日ぶり

[ad_1]

 大雨で最上川などの氾濫が相次ぎ、7月29日から断水が続いていた山形県尾花沢市で2日、水道が復旧し、4日ぶりに県内の全世帯で解消した。大石田町、大蔵村を含む県内3市町村で一時、計5465世帯、計1万6870人に影響が出ていた。

 水道事業者の「尾花沢市大石田町環境衛生事業組合」によると、水源の水質の安全確認を進め、1日午後から順次給水を開始。最後まで断水世帯が残っていた尾花沢市でも2日夜に全て給水を再開した。

[ad_2]

Source link

Read Previous

熱中症か、85歳女性死亡 埼玉

Read Next

東海道新幹線、未明に運転再開 線路内立ち入りの人と接触 静岡

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *