シカが電車と接触、線路脇に3日間座り込む…ケガひどく安楽死の措置


 埼玉県滑川町の東武東上線森林公園駅から東松山駅方向に約400メートル離れた地点で16日未明、東武鉄道や県などにより、電車に接触してけがをしたシカ1頭の捕獲作業が行われた。シカは13日未明に電車と接触後、そのまま約3日にわたり線路脇に座り込んでいたが、けがの状態がひどく、安楽死の措置が取られた。

 東武鉄道によると、シカが線路脇に座り込んでいた間も電車の運行は続けたが、今後の運行に影響が生じる可能性があると判断。県などと検討した上で、16日未明の運行終了後に捕獲することにした。

 県みどり自然課によると、シカは後ろ脚を骨折して全く身動きできない状態だったため、「これ以上苦しませないように」(担当者)と、獣医師の下で安楽死させることにしたという。



Source link

Read Previous

仏教師の首切断、実行犯はチェチェン出身の18歳 司法筋

Read Next

2外相がコロナ陽性 EU会合で感染か

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *