伊藤健太郎、ひき逃げ翌日逮捕のナゼ 若狭勝弁護士「事故対応で弁解したからでは」


 ひき逃げの疑いで逮捕された俳優の伊藤健太郎容疑者(23)に対し、被害者を救助しなかったことを非難する声がネット上で相次いでいる。

 重罪とされるひき逃げだが、実刑ではなく執行猶予は付くのだろうか。元東京地検特捜部副部長の若狭勝弁護士に話を聞いた。

■「救急車呼ばないとだめ」などとネットで厳しい声

 「きっと一瞬にして仕事関係の事が過ぎったのだと思う」「まだ若いし、パニックにもなってしまったんでしょう」。伊藤容疑者に対しては、こう推測する向きもあったが、事件の状況が報道で分かってくると、ネット上で厳しい声が大勢を占めた。

 各メディアの報道やテレビのドラレコ映像によると、伊藤容疑者は2020年10月28日18時前、東京都渋谷区千駄ヶ谷の片側2車線ある外苑西通り交差点で、乗用車をUターンさせたところ、反対車線から直進してきた2人乗りのバイクと接触した。

 バイクは転倒して、2人は路上に投げ出されたが、伊藤容疑者の車はそのまま現場から離れた。目撃した車がクラクションを鳴らしながら百数十メートル追いかけて、伊藤容疑者の車を停車させ、現場に戻るよう説得すると、伊藤容疑者はようやく従って3分後ぐらいに戻ったという。

 この事故で、バイクの2人が病院に搬送され、運転していた男性(26)が腕に軽いケガをし、同乗者の女性(27)は左足の骨を折る重傷を負った。

 伊藤容疑者は、翌29日になって、道交法違反(ひき逃げ)などの疑いで警視庁に逮捕された。調べに対して、「現場から離れてしまったことに間違いありません」などと供述し、容疑を認めているという。当時は、1人で運転しており、アルコ―ルは検出されなかったとも報じられている。

 こうした報道を受け、ニュースサイトのコメント欄やツイッター上では、「救急車呼ばないとだめ」「直ぐに対処してたら仕事復帰も早目に出来たかもしれないのに」「最も最悪な選択をしたツケはこれから払うことになる」などと嘆く声が書き込まれている。



Source link

Read Previous

何を運ぶ?…UAE軍輸送機、今年2度目の韓国着陸

Read Next

日本の国際法専門家も「被害者中心、人権の視点から強制動員の解決探るべき」

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *