首相、感染拡大でも記者会見開かず

By | November 22, 2020


首相、感染拡大でも記者会見開かず 1

【イラスト】感染リスクが高まる「5つの場面」

 首相は20日の参院本会議で、新型コロナで打撃を受けた業界を支援する「Go To キャンペーン」に関し、「感染対策と経済の回復の両立が基本的な考え方だ」と説明。観光支援事業「Go To トラベル」については「これまでに4000万人が利用しているが、判明した感染者は176人だ」と述べ、事業と感染拡大の因果関係を否定した。

 加藤勝信官房長官は20日の記者会見で、首相は政府の対策本部や国会、記者団へのぶら下がり取材などを通じて十分に説明していると強調した。内閣記者会の首相のインタビューはこれまでに2回行われており、この時には新型コロナではなく日本学術会議の人事に質問が集中した。

 ただ、首相が日米電話首脳会談後などに受けたぶら下がり取材計21回のうち、主に新型コロナに関して言及したのは、感染拡大の傾向が顕著になってからも、11月13、19両日の2回にとどまる。安倍晋三前首相が2月末から4カ月足らずの間に計9回の記者会見で国民に協力を呼びかけたのとは対照的だ。

 国内の新規感染者が初めて2000人超となった18日も、首相は官邸で田村憲久厚生労働相らに「緊張感を持って感染防止に対応していこう」と指示した。だが、首相の言葉を記者団に明かしたのは首相自身ではなく田村氏だった。

 首相は安倍政権で約7年9カ月、政府のスポークスマンである官房長官として毎日のように記者会見に臨んできた。北朝鮮の弾道ミサイル発射、台風や地震といった自然災害の発生の際には、官邸に駆けつけて記者会見を行う危機管理対応も高く評価された首相にとって、会見で国民に呼びかけるのは苦にはならないはずだ。

 首相の心境について、周辺は「記者会見で丁々発止のやり取りとなれば、強気の姿勢が国民の反発を招いてしまうと自覚しているからだろう」と推察した。(千田恒弥、田中将徳)



Source link

本日の注目ニュース

高市氏、国葬反対「8割が大陸」発言を否定「否定すると自民党議員に傷がつくと思い、発言控えた」/ネット「やはり。中国忖度メディアは謝罪しろ」「9割だと思ってるが」
連合会長、自ら参列も国葬を批判「1強政治のおごり」/ネット「意味不明」「連合内で批判されたから批判?」「後から言うのなら欠席しなさいよ」
小野田紀美氏、部会のドアに張り付くマスゴミに「非公開なのに壁耳どころか、悪質セールスの様にドアに足を入れて閉めさせず、ボイスレコーダー差し込んでくる」
テレ朝謹慎発表も、玉川徹氏非難の声が止む気配なし/テレ朝にとって致命的なのは、彼が会社員であること/19日復帰予定も再び火が着く可能性/ネット「社長会見まだ?」
西田昌司議員「虚偽発言と偏見報道の数々。テレビ朝日の悪しき体質!反省が全く見えない謝罪会見内容は、国民を馬鹿にしている!社長も会長も含め、まさにこれがテレ朝だ」
【速報】小室圭、3回目の不合格でも解雇されない秘策を発動w
岸田氏「物価上昇をカバーする賃上げを」「投資によって資産所得倍増を」/ネット「結局他人任せかい!」「自分で投資して金増やせってさ」「インフレ対策が賃上げしろ?」
テレ朝、玉川氏問題炎上続く。ついに身内も喝!羽鳥アナ「改めて説明と謝罪をすべき」/ネット「正論だが謝罪だけで済むはずがない」「テレ朝の責任を問うべき!」
「玉川徹(氏)の謹慎処分に抗議します」がトレンド 10日間出勤停止の謹慎後は再度番組出演に批判殺到/ネット「今回は過去の発言と違う。社長と玉川氏は辞職レベル」
高市早苗大臣「腕の耐え難い痛みでMRI検査を受けてる間に不正確な情報が。日本には情報操作(偽情報)対策の法律が無いので、政府が調査出来ない」高市早苗大臣「日本には情報操作(偽情報)対策の法律が無いので...
立民、またブーメラン!米山氏 旧統一教会関連団体と関わり 17人目/選挙で関連団体数人が選挙スタッフボランティア。関連団体事務所で演説/ネット「辻元氏追及はよ」
テレ朝、玉川徹氏問題、ますます炎上:西田昌司議員「極めて重大な問題、国政の場でも強く提起したい」/ネットの声「テレ朝社長を参考人招致!」「テレ朝を停波に!」
関連:  “歌会始の儀” 天皇皇后両陛下、皇族の歌とその背景 全紹介
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments