【速報】ジョージア州、再々集計決定! トランプの大逆転がついに始まる!

大手ネットサイトで普通にジョージア州の再々集計が報道されていた。票差がわずか0.26%だったことから、機械を使った集計が実施されることになるという。これで再集計と再々集計に大きな差が出れば不正がさらに疑われることになる。署名が一致しない票を除くなどすれば結果が覆る可能性さえあるとみている。

米大統領選、ジョージア州が24日に再々集計開始へ
11/24(火) 9:10配信 ロイター

[ワシントン 23日 ロイター] – 米ジョージア州は、共和党のトランプ大統領陣営の申請を受けて、大統領選の得票の再々集計を東部時間24日午前9時(日本時間午後11時)から開始すると表明した。再々集計は来月2日の深夜までに完了する。

州当局者が明らかにした。再々集計は機械を使って行われる。

同州は先週、手作業による再集計で民主党のバイデン前副大統領の勝利を認定しており、再々集計でも結果は覆らないとみられている。

同州では、得票差が0.5%未満の場合、再集計を申請できる。両候補の得票差は0.26%だった。トランプ陣営は21日に再々集計を申請していた。

トランプ陣営は、郵送投票の有権者の署名を監査することも求めたが、州当局者は裁判所命令がない限り、署名を監査する可能性は低いと述べた。

Source

手作業と機械集計の差が出るかどうか

ジョージア州の話は、全然ツイッターでは探せませんでした・・・。大手ネットサイトの方が、早かったなんて。

根気よく検索すれば見つかるよ。ここ最近トランピアンズが大統領選の話題から離れていて、一時休戦の様相を呈していたからな。検索キーワードを変えたりすれば情報は集まる。

これって、僅差だったから再々集計になったんですよね?

まさに想定通りの動きだ。再々集計では手作業ではなく機械による集計となるそうだが、ここで票差がどれだけ出るかが注目ポイントとなる。

不正な集計をする人が紛れてるって、ジュリアーニさんが言ってましたよね・・・。トランプ大統領が、逆転する可能性もあるのでは?

まさにそのシナリオを想定しているところだ。再々集計の結果は12月に入ってから発表されるが、ここで逆転する可能性も十分にありうるんじゃないかとみている。11月中はバイデンも安心しきっていたが、12月に入り流れが急変する可能性はあるよ。

確かに!月が変わると、トランプ大統領が有利になる気がします!

もしも圧倒的な差をつけて逆転した場合は…

「ジョージア州 再々集計」で探したら、結構見つかりました!

 

でかした。ここで重要なのは2点だ。
・手作業と機械集計の差分がどれだけ出るか
・署名が一致しない票を排除する裁判所命令が出せるか

これら次第ではトランプは逆転可能だ。もしも僅差でなく圧倒的な差をつけて逆転したとなれば情勢が一気にひっくり返るよ。他の州でも不正があったと誰でも思うだろ?

確かに!じゃあ、今のうちに備えておいた方がいいですね。後でコロマガをやりませんか?

そのつもりだ。戦いは先週末からすでに始まっている。トランプ大逆転のシナリオが現実味を帯びてきている。これは冗談でなく本心でそう考えているということ。

12月2日は、来週の水曜日みたいです!もう12月なんて、早いですね・・・。

まったくだよ。クリスマスの準備もとっくに終えたが、今年は1年中コロナと大統領選で逆に充実していたような気がするし、それ以外に何もしていない気もする。東京五輪の1年になるはずだったのに不思議なものだ。

東京オリンピックは、何とか開催したいですね・・・。菅首相なら、大丈夫だと信じてます!

トランプ大統領、諦めなければ逆転できます!頑張って下さい!バイデンさん、油断してはいけません!さようなら!

Source

Read Previous

韓国の人工太陽KSTARが世界記録達成…1億度で20秒間運転

Read Next

ハワイに移住した人も! コロナ禍で約30万人のニューヨーカーが市外へ引っ越していた

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *