【速報】バイデン不正の容疑でCIA長官逮捕

トランピアンズのamiから驚くべき情報が伝えられた。ワトソン君が探してくれた。ドイツのドミニオンサーバーを米軍が押収した際に、その場にCIAのジーナハスペル長官がいたというのだ。当然現行犯逮捕となり米軍によってキューバの某基地へ連れ去られたという。事実ならば米国はすでに転覆したも同然だろう。米軍を中心としたトランプクーデター政権の誕生も近いとみる。

ドイツのドミニオンサーバーがCIA一大拠点だった

このツイートは「ドミニオン」で探しました!ホントにその場にいたのかは分からないんですけど、逮捕されたそうです!

ThePunisherというアカウントが嘘をついてなければな。右下にPのマークがあることからParlerでの発言だと思われる。

CIAの長官って、現場にいる物なんですか?ちょっと信じられないんですけど・・・。どこかの管理室で、指揮をしてるイメージです!

いやいやこのドイツの件は管理室がやられたという話だろ?米国の選挙をコントロールするドミニオンのデータが一挙に集まるのがフランクフルトのサーバールームだった。極秘拠点だったはずが漏れて御用となったわけだ。

確かに!じゃあ、ホントに逮捕ですね。

ドイツにまさか米軍は来ないだろうと思ったら、ドイツ政府との協力の下で特殊部隊が活動を許可されたという話も想定外だろうね。同じことを日本で考えてみなよ。日本のヤーさんを取り締まるために米軍が活動するようなものだぞ?

治外法権と言われそうですよね・・・。じゃあ、異例の事だったんですね。

治外法権?内政干渉と間違えてない?

すみません、それです(笑)
亡くなった説を流して民主党を泳がせるという噂も

返信部分なんですけど・・・。
・今日亡くなっています
⇒ そういう報道もありますけど、フェイクだと判明してます
・保護されているという情報もあります
・日本のサイトだけですか?
・頭がゴチャゴチャになってきました
・負傷して瀕死だという情報も見かけました
・CIAは解体ですね
・亡くなった説を流して、安心させて民主党サイドを泳がせるためと言われてます
・映画でCIA長官が現場に出てくるたびに、そんな事はないだろうと思った自分が情報弱者でした

まあそういうことだね。CIA長官がいて指揮している極秘の場所を攻めてるんだから何も不思議はないよ。映画だと当たり前のことは現実世界だと異例のことだからな。

亡くなったという情報は、どうですか?

本当にそうだとして、ネット百科事典がそのままにしておくわけがないわな。真偽不明として一旦消さないと収拾がつかなくなる。公式の発表をソースにするのが大原則だ。

じゃあ、逮捕されててもおかしくないです!やっぱり、CIAは解体ですね。

解体の兆候は去年からあったよ。何も今回急に出てきた話じゃない。まあ色々と進むだろうね。今回の話も突拍子ないわけじゃなく、フェイクを疑う余地もなかった。

そうなんですね!後で詳しくその話を、聞きたいです!

トランプ大統領、必ず逆転できると信じてます!頑張って下さい!バイデンさん、不正はやめましょう!後悔しても手遅れです!さようなら!

Source

Read Previous

米コロナ対策チームのアトラス博士が辞任

Read Next

韓国大手航空2社の統合、障害はひとまず除去された

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *