韓国ティーウェイ航空、9カ月ぶりに福岡路線の運航再開


ティーウェイ航空が5日から仁川(インチョン)~福岡路線の運航を再開する。3月に新型コロナウイルスの余波で運航を中断してから9カ月ぶりだ。

前日にジンエアーが仁川~福岡路線の運航を再開したのをはじめ韓国の航空会社が相次いで日本路線の運航を再開する雰囲気だ。

ティーウェイ航空によると、再開される福岡路線は毎週土曜日に仁川空港を午前10時10分に出発し、午前11時30分に福岡空港に到着する。

すでに先月に仁川~関西、仁川~成田路線の運航を再開したティーウェイ航空は今回の決定で3つの日本路線を運航することになった。

ティーウェイ航空は今月末までに日本路線を予約した乗客からは日程変更手数料を取らないことにした。搭乗当日の手続き締め切り前まで無料で予約取り消し1回と予約変更2回ができる。

ティーウェイ航空関係者は「今回の運航路線拡大により利用者の不便が一部解消されると期待する。多様な恩恵でさらに便利に日本を訪問できる」と話した。



Source link

Read Previous

韓経連、今年マイナス1.4%の成長見通し…来年も3%成長難しい

Read Next

マイケル・サンデル教授「韓国人は身分上昇の壁を素直に認めている」

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *