コロナワクチンの有望性は驚異的、WHO「ゲームチェンジャー」


英政府は2日、米ファイザーなどが開発したコロナワクチンの緊急使用を承認。来週から接種が始まる見通しとなった。

世界保健機関(WHO)のハンス・クルーゲ欧州地域事務局長は、ワクチン供給が当初は非常に限られるため、各国とも接種の優先順位を決める必要があるものの、高齢者や医療従事者、患者を優先すべきとの考えがコンセンサスになりつつあるとした。

また、新型コロナがなお多大な被害をもたらす恐れはあるが、各社のワクチン治験結果が良好なことから、見通しは明るいと指摘。「ワクチン候補が多くなるほど、成功の機会も増す。ワクチンと他の公衆衛生対策を組み合わせることで、コロナの急性期収束や経済再建が手の届くところまで近づく」と述べた。



Source link

Read Previous

中国で離婚を制限へ衝動的な離婚を防ぐ?30日の「冷却期間」施行間近で炎上中

Read Next

米司法省、クシュナー氏弁護士を捜査 恩赦巡る汚職疑惑で=NYT

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *