韓国与党代表の側近、遺体で発見 次期大統領選に影響も


 地元紙・中央日報が4日報じた。副室長は4月の総選挙に絡む不正疑惑で検察の捜査を受けており、自殺の見方が強い。李氏が有力候補と目されている次期大統領選(2022年予定)に影響を与える可能性がある。

 報道によると、副室長は長年にわたり李氏の政治活動を支え、総選挙では李氏の事務所に常駐し選挙を支援。李氏が8月に党代表に就任すると副室長に起用された。

 副室長は総選挙に絡み、資産運用会社の関連企業から不正な便宜を受けたとして、政治資金法違反容疑で検察が捜査。ソウル中央地検で2日、取り調べ中に姿をくらまし、地検の近くで3日夜に遺体で見つかったという。 



Source link

Read Previous

米コロナ対策協議に勢い、週明け7日めど 超党派案たたき台に

Read Next

「日本は事実を客観的に伝えるべき」中国王毅外相が日本メディアに異例の注文

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *