ドナルド・トランプの好感度は、ジョー・バイデンより5ポイント高くなった/バイデンは「老いすぎ、馬◯すぎ、過激すぎ」

By | January 19, 2022

リズ・ハリントン氏「トランプ氏の好感度はバイデンより5pt高い」

ドナルド・トランプの好感度は、ジョー・バイデンより5ポイント高くなった
2022年1月11日1,048人

驚くべき運命の変化で、トランプ前大統領の好感度が、ジョー・バイデンより高くなった。

1,066人の有権者を対象にしたRasmussenの世論調査によると、現在51%がトランプ氏を好意的に見ているのに対し、バイデン氏については46%だ。

バイデンの不支持率もトランプより高い。52パーセントの大多数がバイデンを好意的に見ているのに対し、トランプについて同じことを言うのは47パーセントに過ぎない。

トランプは「とても」の両項目でバイデンに勝っているほどだ。どういうことかというと、バイデンに対して「非常に」好意的な見方をしているのは28パーセントに過ぎず、これに対してトランプは31パーセントだ。

その一方で、バイデンに対して「とても」好意的でない見方をする人は42パーセントで、これに対してトランプは37パーセントに過ぎない。

これも決して異常なことではない。RealClearPoliticsの世論調査では、現在、トランプの純好感度がバイデンを上回っている。

金曜日の時点で、バイデン大統領の好感度は42%、悪感度は52.6%となっている。このため、彼のネット評価は-10.6%となっている


注目すべきは、バイデン大統領の不支持率がトランプ大統領よりも高いことで、前大統領の不支持率が51.7パーセントであるのに対し、彼を好意的に見る人は41.8パーセントに達しています。そのため、彼の純評価は-9.9パーセントとなる。

好感度は仕事の支持率ではないことを忘れてはならない。好感度とは、何よりも相手を好きであることに関係する。

では、なぜこのようなことが起こっているのか?なぜこのように大きく変化したのか。それは4つの理由がある。

1つ目は、バイデンの政策が不人気で、暴力犯罪、インフレ、COVID、国境開放、空の店棚、ガソリン価格など、次から次へと国を危機に陥れているという単純な事実です。

2つ目は、バイデンはもはや2020年の大統領選のときのように地下室に隠れているわけにはいかないということだ。彼は今、大統領であり、隠れるために最善を尽くしているが、本当に隠れることはできず、アメリカ国民は彼がどれほどひどい人物であるかを知ることになる。老いすぎ、バカすぎ、過激すぎ。

3つ目は、トランプがソーシャルメディアから追い出されたことだ。私たちは、トランプが大統領就任にまつわるすべてのナンセンスと24時間365日のヒステリーを作り出したのではないことを忘れてはならない。

しかし、トランプは、主に彼のTwitterアカウントを通じて、そのあまりの多さに責任を負っていたのも事実だ。トランプはクリックするだけで、次から次へと不必要な論争を起こし、多くの人をやきもきさせた。

その誘惑がなくなったことで、人々は、厳しい国境やワクチン、ユーモアのセンス、轟くような経済など、トランプについて好きだったことを思い出しているのです。

最後の理由は、信用を失った企業メディアである。何十億ドルもの企業資金が彼らのプロパガンダを支えているにもかかわらず、あらゆるプラットフォーム(ケーブルニュース、放送ネットワーク、主要新聞社)のあらゆるメディアが、同じ飽きた反トランプの曲(1月6日など)を流し続けても、企業メディアは自らの信用を失い、もはや世論を動かすこともバイデンのように落ち目の大統領を守ることもできないのだ。(breitbart)

Source link

関連:  米国の次世代宇宙船が爆発 無人飛行試験で着陸失敗
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments