【差し迫る軍事侵攻】米国務省、ウクライナ大使館職員家族に退避命令/国務省「ロシアが支配するウクライナ東部の治安状況は予測不可能で、ほとんど予告なしに悪化する可能性」(wapo)

By | January 24, 2022

国務省、「ロシアの軍事行動の脅威」を理由に在ウクライナ米国大使館から外交官の家族の退去を命令


1月24日

国務省は日曜日、「ロシアの軍事行動の脅威」を理由に、キエフに勤務する米国大使館員の全家族の退去を命じた。

この決定は、ウクライナ国境周辺に数万人のロシア軍を集結させているモスクワによる「ウクライナへの差し迫った軍事侵攻」に対するワシントンでの懸念の高まりを強調するものであった。

この不安定な雰囲気は、金曜日にジュネーブで行われたアントニー・ブリンケン国務長官とセルゲイ・ラブロフ外相の会談後、危機を緩和するための努力が挫折したことを示す最新の兆候である。

「特にウクライナの国境沿い、ロシアが占領したクリミア、ロシアが支配するウクライナ東部の治安状況は予測不可能で、ほとんど予告なしに悪化する可能性がある」と同省は声明で述べている。

“ウクライナにいる米国市民は、商業的またはその他の民間で利用可能な交通手段を用いて今すぐ出発することを検討すべきである “と述べた。この措置は、米軍関係者の避難命令には至らない。

ウクライナ大使館職員家族に退避命令 職員自主退避も 米国務省

米、ロシアとウクライナへの渡航中止勧告

Source link

関連:  香港の覆面禁止反対デモ、習さんの顔写真をお面にしたら逮捕されなかった!?どうして?
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments