韓国政府「米国に騙された!被害者だ!」 ちょっと何言ってるか分からないw

By | September 7, 2022

日本はおろか米国との関係もたちまち悪化させるユン某政権。

「米ローンスターがだまして逃げた」…韓国法務部、国際仲裁の判定要旨を公開
9/7(水) 10:51配信 朝鮮日報日本語版

韓国法務部は6日、米系投資ファンド、ローンスターが韓国政府を相手取り起こした投資家・国家間訴訟(ISD)で、世界銀行傘下の国際投資紛争解決センター(ICSID)仲裁判定部が8月31日に下した判定の要旨を公開した。ICSIDはローンスターの株価操作行為を厳しい表現で批判した。

ICSIDの判定要旨には「ローンスターが外換カードの株価操作事件で有罪判決を受けた点からみて、単純な『食い逃げ(Eat and Run)』の域を超え、『だまして逃げた(Cheat and Run)』とも言える」と記載されているという。
外換カードの株価操作事件はローンスターが2003年に韓国外換銀行を買収し、翌年外換カードを合併した過程で、ローンスターが虚偽の減資情報を広め、外換カードの株価を下げ、買収費用を抑えたものだ。この事件でローンスターコリアのユ・フェウォン元代表は懲役3年、法人としてのローンスターは罰金250億ウォン(約26億円)の判決が確定した。

ICSIDは判定要旨を通じ、「(株価操作事件の)有罪判決で(ローンスターは)金融当局が売却価格の引きさげを図る余地を与えた」と指摘した。ICSIDは11年にローンスターが外換銀をハナ金融に売却する際、韓国政府が承認を見送ったため、売却価格が下がり、ローンスターが損失を出した点を認定しながらも、株価操作事件が外換銀の売却価格低下に影響を与えたと判断した。それに基づき、ICSIDは韓国政府はローンスター損害の半分である2890億ウォンを賠償すればよいと判断した。ICSIDはローンスターのその他の主張をいずれも退けた。

韓国政府にも半分の責任があるとするICSIDの今回の仲裁判定は判定官3人中2人の多数意見によって下された。判定官1人は少数意見で「(外換銀行売却)値下げ圧力行為を(韓国の)金融当局によるものだという直接証拠がないため、(韓国の)国家責任を認めることはできない」とし、ローンスター側に全面的に責任があると指摘するものだった。

韓国法務部は韓国政府にも責任があるとした判断を不服として、ICSIDに判定取り消しを申し立てる構えとされる。ICSIDの訴訟当事者は判定に対し、権限超過行使、理由不記載、手続き規則違反などを理由に120日以内に判定取り消しを申し立てることができる。最終決定までには最低1年以上の時間を要する。

表泰俊(ピョ・テジュン)記者

学びがある! 0
分かりやすい! 6
新しい視点! 3

https://news.yahoo.co.jp/articles/517594596253f5b4fcba336d9ad0226808e21ead

ワトソン君やっぱり、影の大統領がムン大統領だからだと思います!

無駄な抵抗をして米国との関係も悪化させる


黒井韓国の主張が一定レベルで認められたわけだから、ある程度喜ぶべき場面だよな。ところが韓国政府にも責任があるというだけで反発し判定取り消しを申し立てると。虚栄心の国らしく無駄な抵抗をするわけだ。

ワトソン君アメリカとの関係を悪くするために、遠慮はできません!

黒井まあそうだな。ローンスター側としても韓国に賠償を認めた今回の判決を支持するだろうし、争いを強めれば強めるほど韓国からの撤退もしやすいと考えるだろう。つまりWin-Winの状況なわけだ。

ワトソン君意地悪クラブも、手が出せないです。

黒井というか今の韓国政府は全然親米でも保守でもないような。リアルに左派に乗っ取られたんじゃないかと思えてくる。

黒井愛国日報の記事もそんな感じだった。愛国心は譲れなかった。

「ローンスターのだまし逃げ」でなぜ韓国に50%の責任?…「官冶」が問題だった
9/7(水) 9:40配信 中央日報日本語版

「ローンスターが株価操縦事件で有罪判決を受けた点からみて『食い逃げ(Eat and Run)』の比喩を発展させて『だまし逃げ(Cheat and Run)』とも見ることができる」。

韓国法務部が6日に公開した、韓国政府-米国系投資ファンド「ローンスター」事件に対する世界銀行国際投資紛争解決センター(ICSID)仲裁判定文(先月31日)の要旨に出てくる表現だ。ICSID仲裁判定部も、ローンスターが2003年の外換銀行安価買収過程で外換カード株価操縦をしたという点を根拠に、2012年にハナ金融に売却して数兆ウォンの差益を得た全過程について詐欺などの不正行為として比喩したのだ。

それなのになぜ韓国政府に外換銀行売却価格引き下げ分の50%の責任を認めたのか。判定文の要旨は、当時、金融委員会が売却承認を遅延したことを問題にしたのではなく、ハナ銀行側に買収価格引き下げ圧力を加えて私的な契約に介入したという点を指摘している。結局、問題は「官治金融」だった。

◆判定文「ローンスターの有罪を受け、韓国金融当局が価格引き下げ介入」

法務部が全体400ページ枚分量の判定文を要約した21枚の判定要旨書には、韓国金融当局の不当な介入に関する仲裁判定部の指摘が多数意見として詳細に記述されていた。

学びがある! 6
分かりやすい! 15
新しい視点! 10

https://news.yahoo.co.jp/articles/866e5f9c000f0359eb21838cf9c3bf8eae858883

ワトソン君ネットユーザーの反応です!

・自分勝手に不公平だと騒ぎ立てると、今後ますます韓国に進出しようと思う会社は減ります
・勝訴した訳ではなく、韓国が保証協定に入る前の事案なので管轄外だという判断です
・ローンスターは再生してくれました。まず感謝するべきです
・外国人が儲けるなんて許さないというのが、この国の常識です

黒井何でもかんでも噛みついて米国に逃げられ始めているのが今のウォン安の原因だからな。金利逆転が主要な理由ではない。日本にとってはどうでもいい話だ。

ワトソン君韓国の皆さん、愛国心を発揮するのはやめましょう!現実に目を向けて下さい!

黒井日本は関係ない!併合おめでとう!韓国さようなら!

関連:  韓国で1,700人が集団感染恐れ  アッー!
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments