竹中氏、岸田内閣批判「族議員が大臣になってる内閣」「特定の人達への忖度で、既得権益を守っている」/ネットはツッコミ殺到「究極のおまいう!」

By | September 19, 2022

竹中平蔵氏「こんな族議員がそのまま大臣になってる内閣は初めて」と岸田内閣を批判

竹中氏、岸田内閣批判「族議員が大臣になってる内閣」「特定の人達への忖度で、既得権益を守っている」/ネットはツッコミ殺到「究極のおまいう!」 1

パソナグループ会長を8月に退任した経済学者・竹中平蔵氏が18日、読売テレビで放送された「そこまで言って委員会NP」に出演。岸田内閣について「こんな族議員の人がそのまま大臣になってる内閣は初めて」と批判した。

竹中氏は「今の農水大臣、どういう方かご存じですか?農協(農業協同組合)出身者ですよ。今の厚生労働副大臣は元の(日本)医師会副会長ですよ。今の総務副大臣は(元)全特代表(全国郵便局長会会長)ですよ。こんな族議員の人がそのまま大臣になってる内閣って、初めてだと思いますが、そのことをどの新聞も書いてない」と批判。

これやっぱり特定の人達に対する変な忖度で、既得権益を守ってるんです」と持論を述べ、「メディアがちゃんと議論すべきことを議論してない」とメディアの議論を求めていた。(デイリー)

ネットの声

そう言う本人は非正規雇用4割を作った張本人、就職難で若者を苦しめ、いわゆるロストジェネレーションを産んだのだ!

竹中平蔵氏ってあれですか?? 日本で派遣労働を拡充させ、一人だけボロ儲けした人ですか?

自分に批判の矛先が向かないように現政権を批判する。

究極のおまいう!

族議員を通り越して、日本をダメにした人間がよく言うわ!

既得権益(笑)竹中氏はこの論理で新自由主義を推し進めた張本人。 流石に日本の若者はもう騙されない。

政府と一緒に派遣社員という名の不正規労働者を増やし、半年〜数年ごとに契約更新 更新不可の年齢になるまで不正規労働で働き続け、ある程度の年齢になると更新してもらえず、使い捨て。これ作ったの誰?

守ってくれる人がいないと分かると、途端に掌返し。

関連:  ポストコロナの覇権拡大狙う中国 日本抗議も尖閣侵入は常態化
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments