バイデン氏、核兵器による「アルマゲドン」のリスクは「キューバ危機以来」

By | October 7, 2022


バイデン氏、核兵器による「アルマゲドン」のリスクは「キューバ危機以来」 1

バイデン氏、核兵器による「アルマゲドン」のリスクは「キューバ危機以来」

バイデン氏はニューヨークで行われた民主党の会合で、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領がウクライナの前線で敗退を喫した後に、戦術核兵器を使用すると語った時、プーチン氏は「冗談を言っているわけではなかった」と述べた。

その上で、アメリカはプーチン氏が戦争から脱出する方法を「解明しようと」していると話した。

バイデン大統領はこの日、メディア王ルパート・マードック氏の息子ジェームズ・マードック氏の自宅で行われた資金調達イベントに参加。その中で、プーチン氏が戦術核や生物・化学兵器の使用について話すのは「冗談ではない」、なぜなら「彼の軍隊は、言ってみれば性能が著しく落ちているからだ」と述べ、こう続けた。

「もしこの状況がこのまま続く場合、我々はキューバ危機以来初めて核兵器使用の直接的な脅威を受けることになる」

「ケネディ大統領時代のキューバ危機以来、アルマゲドンの予感に直面したことはない」

ジョン・F・ケネディ大統領とニキータ・フルシチョフ大統領時代のアメリカとソビエト連邦は1962年、ソ連がキューバに核兵器を配備しようとしたことをめぐって核戦争の危機に直面した。

多くの専門家の間では、この対立が世界が最も本格的な核戦争に近づいた出来事だとされている。

プーチン大統領は1日の演説で、第2次世界大戦末にアメリカが日本に対して核兵器を使用したことが「前例」を作ったと述べた。BBCのスティーブ・ローゼンバーグ・ロシア編集長は、西側諸国がこの発言を気にしないはずはないと指摘している。

プーチン氏はまた、ロシアの領土を守るためにあらゆる手段を講じると脅している。

アメリカと欧州連合(EU)はこれまでも、プーチン氏の核をめぐる挑発を真剣に受け止めるべきだと述べてきた。また、米当局は数カ月前から、ロシアが戦場で挫折した場合、大量破壊兵器の使用に頼る可能性があると警告してきた。

ウクライナは、ロシアが9月に不法に併合した4つの地域を含め、ロシアに占領された領土を奪還しつつある。

さらにプーチン氏による予備役の「部分動員」令をきっかけに、ロシアでは大勢の男性が、ウクライナで戦うために徴兵されるのを待たずに出国している。

一方で、ジェイク・サリヴァン国家安全保障顧問は先週、ロシア政府は核の使用をほのめかしているが、アメリカはロシアが核兵器の使用を差し迫って準備している兆候を見ていないと述べた。

ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領も先に、「ロシア政府関係者やプロパガンダ提唱者の決まり文句」だとして、ロシアの核使用の脅しを退けている。

カーネギー国際平和基金のポール・ストロンスキ氏はBBCの取材に対し、ロシアの「不安定化を図るレトリック」は西側の抑止が目的だと話した。

ロシア国内でも、政府の核の脅威に対する反発が起きている。

同国の主流紙ネザビシマヤ・ガゼータは社説で、「ロシア高官」が「核のボタンについて語る」ことを激しく批判。「核紛争の可能性を思考や言葉の上で許容することは、現実でもそれを許容することへの確実な一歩だ」と指摘した。

ロシア外務省の報道官は6日、政府は核戦争が「決してあってはならない」という立場を変えていないと記者団に語った。

(英語記事 Biden says nuclear risk highest since 1962 crisis)

(c) BBC News



Source link

関連:  お笑い韓国「あの戦闘機はもう分解した。実際に作るのは2年かかる」 おっそw
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments