露にドローン操縦指導のイラン人軍事顧問、ウクライナ軍が殺害か

By | November 27, 2022


露にドローン操縦指導のイラン人軍事顧問、ウクライナ軍が殺害か 1

キーウ(キエフ)中心部の独立広場=ウクライナで2014年、真野森作撮影

【写真特集】イラン製「カミカゼ・ドローン」か

 同紙や米シンクタンク「戦争研究所」によると、ウクライナ国家安全保障国防会議のダニロフ書記はウクライナ軍によるイラン人殺害を認め、「彼ら(イラン人軍事顧問)は我々の領土にいた。(ロシアの)テロリストと協力し、わが国の破壊に加担するなら、殺害しなくてはならない」と述べた。

 殺害は10月だが、ダニロフ氏は人数には触れなかった。一方、イスラエル紙エルサレム・ポストは「イラン人10人」がウクライナ軍の攻撃で死亡したと報じている。

 イラン人軍事顧問が操縦を教えていたのは、イラン製の自爆型ドローン「シャヘド136」だったとされる。この無人機は標的に体当たりして攻撃することから、「カミカゼ・ドローン」とも呼ばれている。

 ロシア軍は、ドローンなどによるウクライナのインフラ攻撃を激化させている。【ロンドン篠田航一】



Source link

関連:  【韓国】BTS「日本原爆Tシャツは着るけどアジア人への攻撃やめて」
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments