病院で分娩中に胎児死亡、家族は「取り出す際に首が抜けた」と主張 /ブラジル

[ad_1]

病院で分娩中に胎児死亡、家族は「取り出す際に首が抜けた」と主張 /ブラジル

(写真:朝鮮日報日本語版) ▲イラスト=UTOIMAGE

【グラフ】韓国の女子高生たち「結婚も出産もイヤ」

 分べん時はラニエリさんの夫が立ち会っていた。ラニエリさんの夫は「医療従事者たちが妻のおなかに圧力を加えると同時に、胎児の体を性急に取り出す際、瞬間的に胎児の首が抜けた」と主張した。そして、「医療従事者たちが胎児の体を引っ張る直前、胎児がまばたきして、口をもぐもぐさせるのを見た」とも言った。

 サントスさん夫妻は胎児が死亡したのを受けて、病院を訴えた。警察の報告書によると、病院側はサントスさん夫妻に葬儀費用の一切を支払う代わりに「追加で胎児を解剖する手続きは進めず、遺体を法医学研究所(IML)にも送らない」という内容の書類に署名するよう求めた。サントスさん夫妻はこの提案を直ちに拒否し、胎児の遺体を法医学研究所に引き渡した。

 解剖を終えた胎児の遺体は8日に埋葬された。解剖の結果の詳細は公表されていない。現地の警察では事件の状況をさらに詳しく捜査している。

チョン・ヒジュン記者

[ad_2]

Source link