ジョー・バイデンがトランプの起訴の黒幕である可能性が高まる/起訴の前検察官の補佐官とバイデンの補佐官がWHで密会していたことが判明

[ad_1]

ジョー・バイデンがトランプの起訴の黒幕である可能性が高まる/起訴の前検察官の補佐官とバイデンの補佐官がWHで密会していたことが判明

事件

特別検察官ジャック・スミスの補佐官が、スミスがトランプを起訴する数週間前にバイデンの副主席補佐官と密会していた

2023年3月31日、ホワイトハウス顧問弁護士事務所のキャロライン・サバ副首席補佐官は、ジャック・スミスの補佐官ジェイ・ブラットと面会した。

ホワイトハウス法律顧問室のキャロライン・サバ副首席補佐官とジャック・スミス特別検察官の首席補佐官ジェイ・ブラット氏との会談は、ホワイトハウスがトランプ大統領とジョー・バイデン氏に対する司法省の訴訟に政治的に影響を与え、あるいは介入したのではないかという疑問を引き起こしている。

2023年3月31日午前10時のサバ氏とブラット氏の会談には、ワシントン現地事務所のFBI捜査官ダニエル・レイ氏も含まれていたと、訪問者記録がニューヨーク・ポスト紙の報道で明らかになった。

スミス氏は9週間後の2023年6月8日にトランプ氏を起訴した。

同紙によると、会談から約2か月後、サバ氏はロースクールに通うためホワイトハウスの職を辞したという。

ブラット氏はハーバード大学ロースクールを卒業し、2015年から司法省に勤務しています。現在は司法省国家安全保障局防諜・輸出管理課の主任を務めている。

2022年6月、ブラット氏はマール・ア・ラーゴの保管施設を視察し、トランプ氏と個人的に交流した。ワシントン ・ポスト紙は、 同氏がFBIによるトランプ大統領邸宅捜索を強く主張したと報じた。

ネットの声

ベニー氏「ホワイトハウスの新しい訪問者記録は、ジョー・バイデンがトランプのマー・ア・ラーゴ襲撃と起訴の直接の黒幕であることを証明するかもしれない: 「ジョー・バイデンはドナルド・トランプの起訴を個人的に実行している」

ジョー・バイデンがトランプの起訴の黒幕である可能性が高まる/起訴の前検察官の補佐官とバイデンの補佐官がWHで密会していたことが判明

刑務所に入るのはバイデンだ。

もちろんそうだ。 完全に連携した汚職だ。

悪党は尻尾を出す。

もし今、彼らが立ち上がらないなら、投票によって完全に解任されるだろう

ジョー・バイデンがトランプの起訴の黒幕である可能性が高まる/起訴の前検察官の補佐官とバイデンの補佐官がWHで密会していたことが判明

[ad_2]

Source link