【韓国】被害者支援の財団設立 日本に謝罪・賠償を促していく


1:ななしさん 2019/10/16(水) 16:09:16.59
聯合ニュース 2019.10.16 15:39

【ソウル聯合ニュース】韓国で、日本による植民地時代に強制徴用された被害者への支援やアジアの平和定着に向けた民間レベルの後援財団「アジア平和未来財団」(仮称)が設立される。


同財団の設立準備委員会は16日、ソウルで記者会見を開き、財団設立計画を発表し、市民の参加を促した。

委員長を務める孫鳳鎬(ソン・ボンホ)ソウル大名誉教授は「苦痛を強いられた強制徴用被害者を放置するのは社会正義に反する。日本政府による補償がきちんと行われていない状況だが、市民が少しでも関心を持ち支援してほしい」と設立の趣旨を説明した。

財団の後援金は▼韓国と東南アジア諸国の強制徴用被害者支援▼日本による侵略戦争で苦痛を受けた被害者への支援および追悼碑の建立▼アジア諸国の青少年および大学生による合同交流プログラムの運営――などに使われる予定だ。

日本政府にも過去の歴史に対する謝罪・賠償を促していく。

同委員会は、ナチス・ドイツによる強制徴用被害者への賠償に向けドイツ政府と企業が2000年に設立した「記憶、責任、未来」(EVZ)財団について言及し、日本政府に対策を講じるよう求めた。

パク・チョルスン副委員長は「財団は純粋性と透明性という原則の下に運営される」とした上で、財団の活動が政府とは無関係の民間レベルのものだと強調した。

https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20191016002300882?section=society-culture/index

引用元

人気ブログランキング


続きを読む




Source link

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*