【主張】世界津波の日 「複合」視野に避難徹底を

By | November 5, 2019


 11月5日は、国連が制定した「世界津波の日」である。

 9月、10月に日本列島を襲った大型台風と大雨は東日本と北日本に甚大な被害を及ぼした。

 行方不明者の捜索、復旧作業、被災者支援と生活再建など山積する課題に取り組んでいる最中である。昨年7月の西日本豪雨による多くの被災地も復旧・復興の途上である。

 「今は津波にまで意識が向かない」というのが、被災地の実情だろう。

 しかし、台風19号が関東に上陸した10月12日、暴風雨のピークと重なって千葉県では最大震度4の地震が発生した。地震による被害はなかったとはいえ、重く受け止めなければならない。

 自然現象が人間の都合に配慮してくれるのであれば、災害は起きない。台風と豪雨で厳しい状況であるからこそ「複合災害」を視野に入れて、地震、津波に対する備えと心構えを新たにしたい。

 台風と大雨が引き起こした土砂崩れ、河川氾濫による死者・行方不明者は100人を超える。平成23年の東日本大震災では1万8千人を超える命が大津波の犠牲になった。

 津波、土砂災害、洪水や高潮など「水の猛威」から命を守る手立てが「避難」以外にはないことを改めて心に刻む必要がある。

 津波の場合は地震発生が避難開始の合図になる。大きな揺れを感じたら、その時点で各自が「警戒レベル5」の状況だと判断し、できるだけ迅速に高台などの安全な場所へ「迷わず逃げる」ことが何よりも重要だ。

 南海トラフ地震などで津波による浸水が想定される地域の多くは河川の河口域でもある。津波に対する避難意識と行動の徹底は、台風や豪雨による河川の氾濫から命を守ることにも通じる。

 土砂災害や洪水による人命の被害は、ほとんどが避難行動の遅れや迷いに起因する。山間部など津波の危険がない地域でも、できるだけ迅速に「迷わず逃げる」ことを徹底したい。

 世界津波の日は、旧暦の11月5日に起きた安政南海地震(1854年)で多くの人命を救ったとされる「稲むらの火」の逸話にちなみ、日本が提案し国連総会で制定された。津波の脅威と避難の大切さを世界に発信し、次世代にも継承しなければならない。



Source link

本日の注目ニュース

岸田政権『安倍政権が課した韓国のホワイト国除外』から復帰検討。尹政権の関係改善模索踏まえ/ネット「亡国政権!いい加減にしてくれ!」「岸田に日本が壊される!」
西村氏「試算困難。でも再稼働したら下がる」。浅田氏「再稼働した場合どのくらい電気料金が下がるか?」に/ネット「試算もしてないの?」「だったら再稼働しろ!」
これが岸田政権が決定した5/8、5類移行内容/『最終判断はまだ。ワクチンは引き続き税金投入。医療費も引き続き税金投入。マスク着用は自己判断』/結局何も決めてない
三浦瑠麗氏は成長戦略会議に「事業者」として要望を出していた。政府の有識者会議の委員としての発言は利益誘導、利益相反の可能性(agora)/ネットは批判
岸田政権、5類移行は5月8日/4月1日を考えていたが「3月下旬から4月にかけての統一地方選」に配慮/ネット「愚鈍な上に自党ファースト」「国民無視、選挙優先」
岸田政権、ワクチン4月以降も無料継続で調整/ネットは怒「5類の意味ないだろ!」「愚鈍な上に間抜け・・」「またも利権屋の言いなり」「まだ公費垂れ流して増税?」
三浦瑠麗氏夫ガサ入れ事件:夫妻のオフィスに政治家/夫会社関係者「瑠麗氏が夫の事業が信用を得るためサポートしていたと感じた」「大物政治家が瑠麗氏を訪ね夫が同席」
公明党「5類」移行後も「医療費やワクチンの公費負担継続を」/ネット「また始まった自党優先国民ラスト!」「それじゃ5類の意味ない!」「公費継続したら日本終了!」
「はま寿司客が寿司に無断でわさび 動画投稿が拡散 被害届提出へ/投稿男性から謝罪したいの言葉も「悪意を持って行われた行為は厳正な姿勢で臨む」/ネットは支持(動画)
出産一時金、75歳以上も負担 厚労省/ネット「GJ!団塊の勝ち逃げは許さない」「当然。さらに医療費負担を3割にすべき」「年金も削減してほしい」
茂木氏「海外でマスクしている人いない」/ネット「何をいまさら正論ぶって!」「今まで散々マスクしてよう言うわ」「2年遅い!!」「そのノロマな決断で300兆ドブ」
日本、ついに出稼ぎ国から、海外永住国へ/日本人の海外流出 永住者が過去最高の55.7万人/日本より西欧や北米に魅力。今後も続く/ネット「ついに日本は3流国・・」
関連:  橋下氏「3度目ない。松井市長も政界引退をすると」
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments